CASE RECORDS

歯の豆知識

早いうちから!0歳児歯科検診


  • おこさま向け

まだ生まれて間もない赤ちゃん、いつから歯医者に通えばいいの?と悩むお母さんへ、検診時期や赤ちゃんがむし歯になる原因をお伝えしたいと思います!

福岡県飯塚市鯰田にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・小児歯科・インプラント・ホワイトニング)の和田です。

 

子どもがたくさん来るハート歯科で、よく『まだ赤ちゃんなんですけど何ヶ月から検診って受けれるんですか?』という質問を受けるので、今回は赤ちゃんがむし歯になる経路や、検診時期についてお話しします。

 

まず、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯の菌は存在しません。

 

では何故むし歯になるのでしょうか?

●赤ちゃんのむし歯菌はお母さんから?

フーフーして冷ましたご飯を赤ちゃんに食べさせる。お母さんが咀嚼したものを食べさせる。

これはよく見る光景ですが、実はお母さんから赤ちゃんへとむし歯菌をうつしてしまう危険がある行為です!

お母さんに限らず赤ちゃんが可愛くてお口にチューしたりしても、むし歯菌はうつる可能性があります。

また、コップや食器からも感染する場合もあるのできちんと消毒してあるものを使うのが好ましいといえます。

 

お父さん、お母さん、周囲の大人からむし歯の菌が赤ちゃんのお口の中に入り、生えてきた乳歯に菌が付着する事でむし歯になってしまいます。

 

特に1歳7か月~2歳7か月の間は、むし歯の原因菌が1番感染、定着しやすい期間です。

一度感染すると細菌を消すことは出来ないので、この0歳~2歳までがむし歯予防にとって重要な時期になります。

 

なので、赤ちゃんのむし歯を予防するにはまず家族全員でのむし歯の治療や、予防などのケアがとても大事になってきます。

 

●検診はいつから行ったらいいの?

歯への細菌の感染は、乳歯が生え始める6か月頃からすでに始まっています。

外出ができる月齢になったら来ていただけるので、生後6ヵ月を目安にお越しください。

できるだけ早いうちから定期的に検診を受けるのをオススメしています!

もう少し大きくなってくると、歯医者が怖くて泣いてしまうお子様もいるのですが、早くから定期的に通うことで慣れてくれるのではないでしょうか^ ^

また、妊娠中のお母さんはむし歯になりやすいと言われています。
原因は、ホルモンバランスの影響や体調の変化、食べ物の好みの変化などが考えられます。

赤ちゃんのむし歯菌はほとんどがお母さんの口からうつるものなので、生まれてくる赤ちゃんの為にも、妊娠中から予防していきましょう!

 

お父さん、お母さん、ご家族のお口の中の状態を見直す機会にもなりますのでぜひ定期的に検診に来られてくださいね。