CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

歯に白い斑点がある方へ


  • 予防歯科

歯に出来た白い斑点。特に目立つわけでは無いけど一度気になったら鏡を見る度に思い出す、歯のコンプレックス。この白い斑点は何なのでしょうか?

こんにちは!福岡県飯塚市鯰田にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・小児歯科・インプラント・ホワイトニング)の歯科医師、仲宗根美由紀です!

「この白い斑点なんだろう?」

「虫歯じゃなさそうだし、歯医者には行かないでいいかな?」

「痛みもないのになんだろう?」

と思われた事がある方!!

 

この白い斑点をホワイトスポットと言い、ホワイトスポットが出来る原因は2つ考えられます。

一つは「初期虫歯」。

むし歯といえば黒い穴のようなものを想像しますが、実はその始まりが、白い斑点であることがあります。

歯の表面からミネラル分が溶けだす脱灰という状態です。脱灰を起こすと歯は光沢を失い、白くにごり始めます。これが初期のむし歯になり、徐々に穴が空いて黒くなってきたものが皆さんの知っているむし歯と同じ状態です。

しかし脱灰を起こしたからといって必ずむし歯が進行するわけではありません。脱灰は再石灰化というお口の中の自浄作用のようなもので、むし歯の進行を抑制することができます。

もう一つはエナメル質形成不全です。

エナメル質形成不全とは、主に遺伝や生まれつきの病気、幼少期に発熱や栄養障害によって、歯の表面の「エナメル質」が正常に形成されない病気の為に出来る白い斑点です。

エナメル質形成不全の場合、初期のむし歯と違って、再石灰化による治癒は期待出来ません。そのため、エナメル質形成不全によるホワイトスポットで悩まれておられる方は、長期間その悩みを抱えておられる方も少なくありません。

ホワイトスポットの治療

「初期虫歯」によるホワイトスポットは、歯医者でも削らず治療することも多い状態です。

この場合、フッ素を塗布したり、きちんとしたブラッシングを行うようにブラッシング指導などにより再石灰化を促します。それでも再石灰化が間に合わず、むし歯が進行してしまうと削らざるを得なくなることもありますので、歯科医の指導に従い、出来る限り削らず治せるよう努めましょう。

「エナメル質形成不全」が原因のホワイトスポットは、前述したとおり再石灰化による治癒は期待出来ない病気です。そのため多くの歯科医院では「削って補綴(詰め物や被せ物)で治療しましょう」という提案をされることもしばしばあると思います。 しかし、近年ではこのホワイトスポットにも有効な治療法も出てきています。それらが全てのホワイトスポットに有効な治療ではありませんが、段階によって有効な治療もあります。 ホワイトスポットが消える(薄くなる)かどうか、そのホワイトスポットの深さによって決まります。

 

気になる方は1度是非、相談されてください。