CASE RECORDS

歯の豆知識

歯に白い斑点がある方へ


  • 審美歯科

「この白い斑点なんだろう?」と悩まれた事がある方へ、スッキリできるようなお話をさせていただきたいと思います。


こんにちは!福岡県飯塚市鯰田にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・小児歯科・インプラント・ホワイトニング)の二場です。

特に目立つようなものではないけれど、一度気づいてしまったら、ずっと気になってしまう歯の白い斑点…。今回は、歯にできる白い斑点についてのお話をさせていただきます。

✔白い斑点の事をホワイトスポットと言います。

このホワイトスポットができる原因は二つあると言われています。では、一つずつご説明をさせていただきます。

①初期虫歯

「虫歯って黒いんじゃないんですか!?」と思われた方もいると思います。ですが、虫歯の始まりが白い斑点であることがあるんです。

歯の表面の脱灰という状態です。脱灰を起こすとカルシウム成分を失い、歯は輝きをなくし、白くにごります。それが初期虫歯になり、徐々に穴が空いて黒くなったものが皆さんが知っている虫歯となります。しかし脱灰があるからといって必ずむし歯が進行するわけではありません。脱灰は再石灰化というお口の中の自浄作用のようなもので、虫歯の進行を抑制することができるのです。

②エナメル質形成不全

エナメル質形成不全というのは、生まれつきの病気や遺伝、幼少期の栄養障害によって、歯の表面の「エナメル質」が通常通りに形成されない病気で出来る白い斑点です。

この場合、初期虫歯と違い、再石灰化による治りはあまり期待出来ません。そのため、このホワイトスポットで悩まれている方は、長期間その悩みを抱えている方も少なくはありません。

治療法 ☞

このホワイトスポットは、ほとんどの場合が治療を行うことで改善されます。また、クリーニングやフッ素をしてもらうことで虫歯の進行を抑えることができます。
虫歯予防として食事をした後はすぐに、歯磨きをすることも大切なポイントです。歯磨きをするとお口の中が酸性ではなくなるので虫歯菌が増殖しづらいというメリットがあります。

おすすめできないのは自己流で歯を削ることです。歯や歯茎を傷めるだけでなく、色の差が目立ちホワイトスポットが余計ひどくなることもあります。自己流で改善しようと思っていた人は、一度歯医者さんでのご相談を考え直してみてはどうでしょうか。

ホワイトスポットは小さな斑点ですが当人には大きな悩みともなる歯の病気です。「歯を削らず治療したいのか」「歯をキレイにしたいのか」ご自身の要望や希望をしっかり考えて、かかりつけの歯科医師に相談しましょう。