CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

保険の銀歯とセラミックの違い


  • おとな向け

歯科医院に行くと、保険の銀歯にしますか?自費のセラミックにしますか?と尋ねられることがあると思います。
今回は両者のメリット、デメリットについて説明したいと思います。
また、セラミックスのジルコニアについてもご紹介したいと思います。

Before

before写真

After

after写真

こんにちは。福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・小児歯科・インプラント・ホワイトニング)の歯科医師の今井光です。

今日は保険治療の銀歯自費治療のセラミックについて説明させていただきます。

 

まずセラミックについての説明をさせていただきます。

セラミックとは、歯の治療をした際に歯にかぶせる被せもののことです。銀歯がより本来の歯に近い形になったものです。セラミックでは、本物の歯と見分けがつかないほどの仕上がりになります。

 

続いてメリットとデメリットについて説明させていただきます。

【銀歯】

✱メリット
・銀歯は保険で入れられるので、保険外の治療と比べ安く治療することが出来ます。
・銀歯は金属のため、プラスチックやセラミックの詰め物と違って壊れることがほとんどないです。

✱デメリット✱
・銀歯の下で虫歯になりやすいです。
くっつけているセメントが徐々に溶け出していくので隙間ができます。そこに細菌が入り、虫歯が再発します。
・見た目が目立ちます。話しているときに、大きな口を空けられないという方も少なくないです。
・歯茎が黒くなります。銀歯を入れると金属の成分が溶け出して、黒くなる可能性があります。

【セラミック】

✱メリット✱
・セラミックは、見た目が本物のようにきれいです。自分の歯の色と合わせることでき、劣化もほとんどせず、変色することもないです。
・銀歯と違ってセラミックの接着は歯とほとんど一体化するため、隙間が出来、そこから細菌が入って虫歯になったり外れたりすることはほとんどないです。

✱デメリット✱
・銀歯に比べると割れたりする可能性があります。奥歯に強い衝撃が加わると、まれに欠けたり割れたりすることがあります。
・銀歯と比べると歯を削る量が多いです。セラミックは、ある程度の厚みがないと十分な強度が得られないため、その分多く歯を削らなくてはなりません。
・保険外のため費用が高額になります。費用の点では、保険がきかないので価格が高くなります。

 

続いてジルコニアのセラミックについて説明させていただきます。

ジルコニアのセラミックは金属アレルギーの方にも嬉しい、金属を一切使わない被せものです。セラミックとジルコニアの良さを融合させており天然歯のような透明感、見た目の美しさ、耐久性などが特徴です。

被せ物の材質を決める時、値段や見た目を真っ先に考えてしまいますが、詰物の下にできる虫歯など未来のことをしっかり考えて最適な治療を選んでください。