CASE RECORDS

症例集&歯の豆知識

親知らずてどうして抜歯するの?


  • おとな向け

親知らずってやっぱり抜いた方がいいんですか?という質問をよくいただきます。たしかに親知らずを残しておくと痛くなったり腫れたり様々な症状を伴うおそれがあります。しかし、親知らずが悪影響を及ばせない場合は残しておいた方がのちのために良い場合があるのです!

 

福岡県飯塚市のあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・小児歯科・インプラント・ホワイトニング)の石橋です。

親知らずってやっぱり抜いた方がいいんですか?という質問をよくいただきます。たしかに親知らずを残しておくと痛くなったり腫れたり様々な症状を伴うおそれがあります。しかし、親知らずが悪影響を及ばせない場合は残しておいた方がのちのために良い場合があるのです!

親知らずを抜いた方がいいのはこんな場合

1.親知らずが少しだけ見えていて、これ以上生えてくる見込みがない場合
→親知らずが斜めになっていたり、横に倒れている場合はきちんと生えきらず、虫歯や歯周病といった症状を引き起こす場合があります。

2.親知らずが手前の歯を強く押していて歯並びに影響を与えている場合
→親知らずが手前の歯を強い力で押して、歯並びが悪くなってしまう場合があります。

3.親知らずの周りに嚢胞ができている場合
→レントゲン撮影を行い、埋もれた親知らずの周りに袋状の影が見えることがあります。その袋状の影を嚢胞と呼びます。それをそのままにしてしまうことで様々なトラブルを引き起こす原因になります。

4.親知らずがひどい虫歯や歯周病になってしまう
→親知らずは一番奥に生えるため歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯周病が進むやすい歯です。きちんと綺麗に生えている場合でも虫歯や歯周病になっている場合は残しておかない方が良いでしょう。

5.親知らずが噛み合わずに歯ぐきや頬の粘膜を傷つけている
→歯は噛み合う歯がなければどんどん伸びてきます。よって親知らずも噛み合う歯がなければどんどん伸びて歯ぐきや頬の粘膜を傷つけ痛みを引き起こします。また顎関節症の原因の1つでもあります。

親知らずを残しておくと再利用できる(親知らずの移植)
親知らずを残しておくことで、次のような場合に役に立つことがあります。

1.どこかの歯が悪くなって抜歯となった場合、その部分に親知らずを移植することができる
2.手前の歯が悪くなって抜歯となった場合、親知らずを支えにブリッジを入れることができる
3.手前の歯が悪くなって抜歯となった場合、矯正治療で親知らずを手前の位置に移動することができる

そして、そもそもきちんと噛んでいれば普通の歯のように機能させることができます。

親知らずの抜歯時と痛みとその後の痛みについて

「親知らずの抜歯は痛い」というイメージがあると思います。ですが、実際は抜歯するときは麻酔が効いた状態で治療するので痛みを感じることはほとんどありません。
ハート歯科クリニックいまいでは麻酔自体も痛みを感じさせない工夫をしておりますので、ハート歯科クリニックいまいで抜歯、もしくは診療を希望の方は安心して受診してください!
将来の移植なども視野に入れた最良の親知らず治療の選択肢をご提案いたします(^^)