CASE RECORDS

歯の豆知識

歯が生えてきた?!


  • 小児歯科

よく、若いお母さんから「いつ頃、次の歯が生えてくるのかな?」や「歯が生えてくるのが、お友達よりも遅いようで…」と聞かれることがあります。
今日は、歯の生える時期や順番、そして大切なことをいくつかお話ししようと思います。

福岡県飯塚市のあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・小児歯科・インプラント・ホワイトニング)の数住です。

今日は、歯の生える時期や順番についてお話を致します!

 

まずはじめに、乳歯は、生後6か月から8か月にかけて下の前歯中央から生えてきます。この歯は乳中切歯と呼ばれます。10か月ごろ上の前歯中央が生えてきます。1歳ごろ、上下前歯中央の隣の歯(乳側切歯)が生えてきます。1歳半くらいになると1本離れたところに奥歯の第1乳臼歯が、また、2歳までには乳側切歯と第1乳臼歯の間に乳犬歯が生え、最後に一番後ろの乳歯である第2乳臼歯が2歳半ごろ生えてきます。歯が生える時期や順番には多少の個人差があり、6~7か月のずれなら、まったく心配いりません。

この生えたての乳歯のエナメル質は薄くて弱い組織であり、いわゆるむし歯になりやすい時期です。唾液からたっぷりミネラルを取り込んで、頑丈なエナメル質を作りましょう。その時、歯が汚れていると、ミネラルがうまく取り込めません。だから、いつもきれいに歯磨きをしましょう!この時、フッ素を使うと更に丈夫になります。

そして、1歳半~2歳半は、母子感染により、むし歯のできやすい環境をつくってしまう、最も危険な時期です。この母子感染とは??母親をはじめ、赤ちゃんと接する人の「だ液」を介して感染することです。これを防ぐには、お母さんや周りの方がお口の中をきれいにしておくことが大切です。

あと、大事なこととして、乳歯の役割なのですが、食べ物をかむ、発音を助ける、永久歯が正しい位置に生えてくる目印となる、顔の形を整え、顎の発育をたすけるなどがあります。とにかく、乳歯を虫歯にせず、きれいな状態を維持できるよう、頑張りましょう!

次に、乳歯が永久歯に生え変わる時期、順番をご説明します。6歳前後になると最初の永久歯が生えてきます。以前は、下の第2乳臼歯の後ろにある第1大臼歯が、最初に生える永久歯となるのが普通だったのですが、最近は下の乳中切歯が永久歯に生え代わるほうが早い場合も多いようです。中切歯が生えて半年から1年くらい過ぎると、横の側切歯や上の中切歯が生え代わり、さらに数か月後、上の側切歯が生え代わります。9歳から12歳くらいにかけて、乳犬歯、第1乳臼歯、第2乳臼歯が順次生え代わり、さらに、一番後ろに第2大臼歯が生えて、永久歯の歯並びが完成します。人によっては20歳前後から、さらに後ろに親知らず(第3大臼歯)が生える場合もあります。おおよそ6~12歳ごろに乳歯から永久歯が生え変わるのが一般的でしょう。そして、全て永久歯が揃うのは、14歳ごろになります。この時期も、おおよその目安であり個人差があります。

生涯にわたってよい歯を維持するには、上手な歯磨きに加え、定期検診が欠かせません。ハート歯科クリニックいまいでは、0歳からはじめるプチキッズスクールも開催いたしております。健診はもちろん、はみがきのやり方や、歯並び、0歳~2歳向けのセミナーも行っていますので、ぜひご参加もお待ちしております。