CASE RECORDS

歯の豆知識

大丈夫?? 妊娠中の歯の治療


  • 予防歯科

今回は妊婦さんの歯科治療についてご紹介します。

こんにちは。飯塚市鯰田ハート歯科クリニックいまい(一般歯科、小児歯科、矯正、審美歯科、小児矯正、ホワイトニング)増永です。

「妊娠すると歯が悪くなる」とよく言いますよね。これ、実は本当のことなんです。妊婦さんのお口の中は、虫歯菌や歯周病菌が増えやすい条件がそろうので妊娠中、歯痛に悩んだり歯茎を腫らす方が少なくありません。そういうときに気になるのが歯科治療で使われる麻酔やレントゲン。「赤ちゃんに大丈夫かな?」と歯科受診を躊躇しているうちにお口の中のトラブルがますます悪化してしまったら・・・・・。でも心配しないでください。妊婦さんも歯科治療を受けられます。

妊娠前から予防をして、ずっと健康なお口で過ごせるのが理想とは言え、もし妊娠中に悪化しても、基本的には通常の歯科治療を受けられます。

妊娠初期(妊娠0~15週)はつわりできつく虫歯や歯周病にも変化しやすい時期ですが、赤ちゃんの大切な器官がつくられる時期です。流産の危険性も考慮して、痛み炎症をひとまず止める応急処置にとどめ、本格的な治療は安定期か産後に行いましょう。

妊娠中期(妊娠16週~27週)ではつわりも落ち着き食欲が増してきます。間食など虫歯の原因も多くなる時期です。胎盤は安定期に入ります。外科処置を含む歯科治療を受けることができます。

妊娠後期(妊娠28週~39週)赤ちゃんが急激に成長して子宮が大きくなります。仰向けで診療を受けると大きくなった子宮に大静脈を圧迫され低血圧症を起こしやすくなります。歯科受診の際はチェアの背を少し立ててもらい短時間の処置にしてもらいましょう。

妊娠中の歯科治療を受ける際に気になる麻酔薬、飲み薬、レントゲンですが、歯科治療で最も多く使われている麻酔薬リドカインは、無痛分娩や帝王切開にも使われ、妊娠全週で問題なく使用できる麻酔薬です。それからレントゲンの放射線ですが、歯科のレントゲン放射線量は、歯科用デンタルレントゲン撮影1枚につき約0.008mSv。パノラマレントゲン撮影1枚につき約0.01mSvです。日本に住んでる人が1年間に浴びる自然放射線量は、約2.1mSv。デンタルの放射線量はその1/262、パノラマも1/210にすぎません。「50mSv未満の放射線量であれば、おなかの赤ちゃんへの影響と被ばく量の間に関連は認められない」とされており、この基準と比べてもいかに歯科レントゲンの放射線量が少ないかがご理解いただけるのではないかと思います。防護エプロンを着ると更に被ばく量を更に減らせます。そしてお薬についてですが、痛みがありどうしても必要な時だけ、消炎鎮痛剤としてカロナール、アルピニー、ピリナジンという比較的安全に使用できるお薬を最小限処方します。

わたしも二人の子供を産んだ母親ですが、妊娠中の苦労や心配事など、本当によくわかります。妊娠中の歯科治療を安心して受けていただき、大切な赤ちゃんのために十分な栄養を取って元気な赤ちゃんをぜひ産んでほしいと心から思っています。妊婦さんのお口の健康は自分のためだけではありません。お腹の赤ちゃんの育ちや、将来のお口の健康に直接的、間接的に影響するのです。妊娠中の歯の悩み、わからないことや、不安なことはどんな小さなことでも構いません。お気軽にハート歯科クリニックいまいにご相談ください。