CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

受けましょう!妊婦さんの歯科検診


  • おとな向け

歯周病は、妊婦さんがかかりやすく、お腹の赤ちゃんにも影響を与えると言われています。
生まれてから赤ちゃんのためにも歯科検診に行きましょう!

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(審美歯科・矯正歯科・予防歯科・小児歯科・インプラント・インビザライン・ホワイトニング)の歯科医師、今井若奈です。

 

妊娠すると歯が悪くなる?

「妊娠すると赤ちゃんにカルシウムを取られるから歯が悪くなる」こんな話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし実際には、歯のカルシウム成分がおなかの中の赤ちゃんに取られてしまうことはありません。

では、妊娠すると歯が悪くなると思われているのはなぜでしょうか?

 

妊娠中の口腔内の状態

妊娠すると、嘔吐を伴うつわりや、食の好みの変化などにより、口の中が酸性に傾き、歯のエナメル質が弱くなることがあります。

また、食事回数が増えたり、不規則になったりして、歯磨きが難しくなる人も多くいます。

口腔内の環境を整えている唾液の働きが低下するため、口の中に歯垢が溜まり、むし歯が発症・進行しやすくなり、さらに歯肉が腫れたり出血しやすくなったりなど、歯肉炎が起きやすくなるほか、免疫力が低下することから、口内炎なども起こしやすくなります。

 

なぜ歯科検診を受けるの?

妊娠中はホルモンバランスの変動によって、歯周病菌が繁殖しやすい口内環境になってしまう、つわりで歯をきちんと磨けないなどの理由から虫歯や歯周病などになるリスクが高まります。

妊娠中に、虫歯菌や歯周病菌がお口から体内に入り込んでしまうと、妊娠37週未満で出産してしまう早産や新生児の体重が2500gに満たない低体重児出産を引き起こす可能性があるといわれています。

アメリカの研究では、歯周病の方が飲酒や喫煙によって起こる同様のリスクよりも危険性が高いことがわかったそうです。

また、赤ちゃんに虫歯をうつしてしまうリスクがあります。赤ちゃんのお口の中には、もともと虫歯菌は存在しません。大人の唾液を介して感染してしまうのです。赤ちゃんを虫歯から守るためには虫歯菌をうつさないことが重要となります。

赤ちゃんが生まれてくる前に、一緒に生活する大人たちの虫歯も治療しておくことが大切です。

 

歯科検診を受ける時期は?

本当は妊娠する前から、治療を済ませておくのが1番ですが、つわりが過ぎて安定期に入ってからが望ましいといわれています。

妊娠初期のうちは切迫流産の危険があるので、急を要する治療が必要な場合以外は歯医者さんに行くのは控えましょう。

妊娠後期になると、陣痛がいつ起きてもおかしくない状態になります。またお腹が大きくなると治療用のいすに仰向けの状態で長時間横になるのは辛くなります。

歯科検診は妊娠中期までに済ませておいた方が良いでしょう。妊娠中期であれば、歯科検診で虫歯や歯周病が見つかった場合にも、一般的な歯科治療はほとんど無理なく行えます。

 

これから生まれてくる赤ちゃんのためにも、ぜひパパも一緒に検診に行きましょう♪

ハート歯科クリニックいまい(歯周病治療)詳細HP

↓  ↓  ↓

https://heart-dental.jp/gum-disease