CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

口内炎はどうしてできるのですか?


  • おこさま向け

口の中やその周辺の粘膜におこる口内炎。多くが痛みも伴いますよね。今回は、その口内炎の様々な原因を考えてみましょう。

福岡県筑豊地区飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい『予防歯科・審美歯科・小児歯科・矯正歯科(マイオブレースシステム矯正,インビザラインシステム矯正)・インプラント・ホワイトニング』の歯科医師の仲宗根美由紀です。

口内炎は、できるととても痛いですよね。よくできる方、たまにできる方、ほとんどできない方、個人差は有りますができる原因も様々あります。では、その口内炎についてお話します。

【機械的刺激】

頬や舌を噛んだり歯があたったりして口内の粘膜が傷ついてしまうことを機械的刺激といいます。同じところに何度も口内炎ができる場合は、被せ物や入れ歯が粘膜を刺激していたり歯が尖っている可能性があるかもしれませんね。

【栄養バランスの乱れ】

偏った食生活により口内炎ができることもあります。健康の為にも日頃からバランスの良い食事を心がけることが大切です。どの栄養素が欠けたら口内炎になるかはわかっていませんが、ビタミンB群が粘膜の健康に関係しているという説もあります。

【免疫の低下】

睡眠不足やストレスがたまる生活を続けていると、免疫力が下がります。そうすると代謝が滞りがちになり、粘膜の再生力がダウンし、荒れやただれといった潰瘍が口内の表面にできてきます。

 

 

【細菌・ウィルス】

さまざまな原因で口内の常在菌や微生物のバランスが崩れると口内環境が悪化し、特定の菌が繁殖して腫瘍性の口内炎ができることがあります。また、ウィルス感染による口内炎も要注意。感染すると症状が重く、強い痛みや高熱が出る場合もあります。

【病気や薬によるもの】

口内炎が繰り返しできたり、長期化する場合は、病気を疑って注意することも必要です。口内炎が1㎝以上の大きなものの場合は、一度病院で調べてもらいましょう。また、抗生物質などの長期服用により、口内の炎症がおきることがあります。

【口内炎の予防】

まず、お口の中をきれいに保ち、乾燥させないように気をつけましょう。お家での歯磨きはもちろん、歯科医院で歯のメンテナンスを行うことで、口内炎ができにくい口腔環境にしていきます。そして、規則正しい生活を心がけ、栄養バランスのとれた食事をしてくださいね。

【お痛みのときは】

一般的には口内炎は休養を取ったり、栄養バランスを整えたりすることで、1~2週間で自然に治ります。しかし、長期的に続く場合(10日以上)や広範囲で発生している場合、発熱などの全身症状を伴っている場合などには、早めに歯科医院を受診しましょう。自己判断で口内炎を放置した結果、実は、口内炎とは違った病気が隠れていたということも決して珍しくはありません。

歯科医院では薬剤の塗布やレーザー治療を受けることができます。痛みが和らぎ、治りもある程度早くなります。