CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

赤ちゃんの歯医者さんデビューはいつから?


  • おこさま向け

赤ちゃんの歯科検診はいつから?歯が完全に生えてから?
一歳からの方がいい?と悩まれる方も多いのではないでしょうか?
いくつかお応えします!

福岡県筑豊地区飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい『予防歯科・審美歯科・小児歯科・矯正歯科(マイオブレースシステム矯正,インビザラインシステム矯正)・インプラント・ホワイトニング』の歯科医師の仲宗根美由紀です。

歯医に行く目安は歯が生え始めてからです
個人差はありますが生後6〜9ヶ月頃から少しずつ
歯が生え始めてきます!
このくらいの時期から歯医者さんに慣れて
習慣にして行けば正しい口腔ケアが身につきます!
保護者の方は予防方法が学べるので、
初めての子育てにも役に立ちます!
また、生えたての歯は柔らかく虫歯になりやすいので
早めのシーラントやフッ素塗布を行うと効果的です。

飯塚市はもちろん多くの自治体では
1歳6ヶ月検診で初めての歯科検診が行われます。
1歳半になると生えている歯の本数も増え、おやつやジュースも摂取し始めるようになるため、虫歯になっている可能性があるからです。

できるだけ早い時期から歯みがきや食生活の指導を受けることが、虫歯の予防にもつながります。

歯磨き指導としては、お子さんのお口の中はひとりひとり生えている歯の本数や生え替わりの状態が違うため、成長段階に合わせて正しいブラッシング方法を指導していきます。
仕上げ磨きなどご家庭での口腔ケアについて分からないことがあればお気軽にご相談ください。

おやつのあげかたとしては、食事の習慣はお口の健康にも大きく関わってきます。おやつ・飲み物の種類や回数は、虫歯のなりやすさに大きく影響してきます。
食事やおやつの習慣を確認し、選び方や回数などについて指導していきます。

また、治療のタイミングについて
そもそも虫歯になる可能性が出てくるのは「歯が生え始めるころから」です。

虫歯治療については個人差があり、虫歯の進行度合いにもよりますが1~2歳の子供では積極的な治療は難しいため、予防処置である「フッ素塗布」や「シーラント」「サホライド(虫歯の進行を止める薬の塗布)」といった治療を行うことが多いです。

仕上げ磨きをする時の上手な磨き方

毛の部分は歯2本程度の大きさで、できるだけ小さなものを
選んで下さい。
鉛筆持ちをすると細かく動かすことができます。

歯の面に垂直にあてます。
歯茎を傷つけないよう、軽い力で動かして下さい。
前歯は歯ブラシを縦にして縦みがきを行うのも効果的です。

歯を磨く時の体制
だっこみがきや寝かせみがきを行い、お口の中が見やすい状態でみがきます。
仰向けが嫌いなお子さんもいるので、その場合は向かい合わせになりみがいてあげて下さい。

急に動くと歯ブラシで傷つけてしまうため、頭をしっかり固定して行って下さい。

ハート歯科クリニックいまいでは
フッ素塗布やシーラントなど積極的に行っています。また、矯正治療も行っていますので、お子様の歯並びに関しても気になることがありましたらお気軽にご相談ください