CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

歯がしま模様になってるのはなぜ?


  • おとな向け

皆さん、歯がしま模様になってるのはなぜ?
どうしてこんなしま模様がついたのか気になりませんか?

福岡県筑豊地区飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい『予防歯科・審美歯科・小児歯科・矯正歯科(マイオブレースシステム矯正,インビザラインシステム矯正)・インプラント・ホワイトニング』の歯科医師の仲宗根美由紀です。

 

テトラサイクリン歯の特徴

まず、テトラサイクリン歯とは、幼少の歯の成長期に、この抗生物質を大量にとると、副作用として歯の変色が起きます。テトラサイクリン系の抗生物質を摂取したことによる歯の変色のことを言います。写真のように歯の色が灰色がかっていたり、縞模様があったりするのが特徴です。

196070年代に一般的に使用されていた医薬品で、テトラサイクリン系の抗生物質による歯の変色が広く認知されているため、処方されることは少なくなっています。

歯は、一番表層にエナメル質、その中に象牙質といった構造をしています。通常エナメル質は白色をしており、象牙質は黄色みを帯びた色をしています。

テトラサイクリン系の抗生物質を服用するとその成分が象牙質に沈着し、太陽光に含まれる紫外線と光化学反応を起こします。

IMG_4869.jpeg

テトラサイクリン系の抗生物質は、かつて風邪薬のシロップに使われており、日本では昭和40年代に多量に使われていました。そのため、この年代に生まれ育った人にはテトラサイクリンで変色した歯が多く見られます。

そもそも、なぜテトラサイクリン系の抗生物質で変色が起きるかというと、もともと黄色味を帯びたテトラサイクリンが象牙質のカルシウムと結合し、象牙質に沈着してしまうからです。そして、紫外線が当たることにより、だんだんと色が濃くなっていきます。

また、菌の増殖を抑える働きがありますが、いろんな種類の菌に効果が見られることから多用されていた時期があります。 現在でも肺炎やにきびの治療薬としても使用されています。

テトラサイクリン歯の治療法

テトラサイクリン歯は着色の程度によって、適した治療方法も変わります。主な施術の選択肢は「ホワイトニング」などが挙げられます。

ホワイトニング

歯を削ることはなく、ホワイトニングのジェルを歯の表面に塗って時間をおくことで少しずつ白くしていきます。第一度、第二度の方のテトラサイクリンの影響が少ない場合や、黄色系の着色の場合は、ホワイトニングだけでも白くすることが可能です。比較的効果が出やすい治療ですが、第三度、第四度の方の場合は縞模様自体はなくならないので、完全に真っ白という状態にすることは難しいです。また色が濃い場合でも、ホームホワイトニングなどで、長時間ホワイトニングを行うことである程度白くすることができます。

しかし、色が濃い場合や、縞などがある場合、根元の着色などは白くできない場合があります。

またテトラサイクリン変色歯は、ホワイトニングで白くなりにくく、白くなっても後戻りしやすい性質があります。元の色に戻ろうとする「あと戻り」がありますので、キープするためには定期的なメインテナンスが必要です。

ハート歯科歯科では、オフィスホワイトニングだけでなく、ご自宅でのホームホワイトニングも併用することで、より効率よくすることが出来ます。

ホワイトニングする前

ホワイトニングした後

case01_02.jpg

気になることがあれば、ハート歯科でご相談ください!