CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

こども歯科でよくあるQ&A


  • おこさま向け

こどもさんの歯磨きのことや、食べ物のこと、むし歯のこと、治療についてなど、保護者のかたの悩みや疑問はつきないと思います。今日はよく寄せられるご質問についてお答えします。

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科 矯正歯科 小児歯科 審美歯科 インビザライン インプラント ホワイトニング)の歯科医師仲宗根美由紀です。

今日は、保護者の方からのよく寄せられるご質問に関して、アドバイスをさせて頂きます。

Q、歯磨きは一日のうちに何回すればいいですか?

A、基本的には毎食後やおやつを食べた後は歯磨きをしてください。ですが、毎回磨くのが望ましいですが難しかったりします。ですから最低、朝食後と寝る前の2回歯磨きをしてください。ただし、夜寝る前の歯磨きは隅から隅までしっかり丁寧に磨くことが大切です。細菌は、寝ている間に活発に悪さをするからです。夜は必ず仕上げ磨きできれいにしましょう。

 

Q、フッ素入りの歯磨きを使ったほうがいいですか?

A、フッ化物の利用は、科学的な根拠に基づいたむし歯予防法です。①エナメル質の耐酸性向上、②再石灰化の促進、③口腔内細菌の代謝抑制があります。家庭で使用する低濃度のフッ素入り歯磨剤を持続的に使用することが、むし歯予防効果をもっとも発揮します。

Q、親がむし歯が多いと、子供もむし歯になりやすいのですか?

A、むし歯は「感染症」です。母親をはじめ、赤ちゃんと接する人の「だ液」を介して感染していきます。子どもさんにとっていちばん身近な存在である両親にむし歯が多いと、子どもさんがむし歯菌に感染するリスクは高くなります。「家庭の生活習慣が子どものむし歯に大きな影響を与える」ということです。

Q、指しゃぶりはどうすればいいですか?

A、3歳ごろまでの指しゃぶりでしたら、あまり慌てなくても大丈夫です。年齢があがるとともに指しゃぶりは自然と減少するといわれています。見守ると同時に子どもの生活リズムを整え、運動や外遊びで充分に発散させたりスキンシップをとってあげましょう。その後も指しゃぶりを続けていて、歯並びやかみ合わせなどに影響がでるようであれば、やめられるよう支援していきましょう。

 

Q、口呼吸をしているのですか?

A、口呼吸は何気ない生活習慣や環境から自然につくられていくもので、多くの子どもにみられます。この口呼吸は、雑菌が直接咽頭に入ることによる全身の健康芽面でのトラブルだけではなく、低位舌や口腔周囲筋の機能低下の原因にもなり、歯並びに悪影響を及ぼします。例えば、授乳中であれば口唇をしっかり使って哺乳させることが鼻呼吸への一歩となり、ポカンと開いた口を指でキュッとつまみ閉じさせるだけでも、子ども自身に鼻呼吸を意識させることができます。いずれにしても、口呼吸の改善は子ども本人と保護者、指導者とともに時間をかけ改善が必要になります。

 

今日は、いくつかのご質問にアドバイスさせていただきました。診療室でドクター、歯科衛生士にいろいろ質問して問題を解決してくださいね!ではまた、ハート歯科クリニックでお待ちしております。