CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

歯周病ってなに?誰でもなるの?


  • おとな向け

「歯周病は、どんな病気なの?誰にでもなるものなの?」と感じたことは、ありませんか?

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科 小児歯科 矯正歯科 ホワイトニング インプラント 審美歯科 インビザライン MRC矯正)歯科医師の仲宗根美由紀です。

今回は、歯周病についてお話していきます。

歯周病とは、歯と歯ぐきの間に繁殖する細菌に感染し、歯の周りに炎症が起こる病気です。
炎症が歯肉のみに起きている場合は歯肉炎、それ以上に進んでしまうと歯周炎(歯槽膿漏)と呼ばれます。
初めは、ほぼ自覚症状がないまま進んで行きますが、歯周炎になると歯が抜け落ちたりするばかりでなく、全身に影響が及ぶことがあります。

歯周病は口の中だけの病気と軽く考えてはいけません。炎症が続いていると、歯周病菌や菌の出す毒素が血流に乗って心臓に運ばれたり、肺に入ったりして、全身疾患を引き起こす恐れがあります。初期のうちは痛みなどの自覚症状が出ないため気付きにくい病気ですが、常に歯と歯肉の状態に注目し、赤くなって腫れていたり、歯磨きをしている時に出血するなどのサインを見逃さないようにし、できるだけ軽いうちに治すことが大切です。

また、歯が十分に磨けていないと、歯垢(プラーク)という細菌の集まりが歯と歯ぐきの間の溝にたまっていきます。歯周病はこの細菌が繁殖することで起こります。歯ぐきが赤く腫れてブヨブヨとした感じになったり、出血しやすくなるのは、細菌による毒素によって炎症を起こしているからです。
歯垢(プラーク)をそのままにしてしまうと、だんだん歯垢(プラーク)が石灰化し、歯石へと変化します。歯石は歯みがきなどでは取り除けないため、歯科医院で歯石取りをしてもらわなければなりません。歯垢(プラーク)や歯石をためていると歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)が深くなり、さらに歯垢(プラーク)が溜まりやすくなって、歯周病を進行させる要因になります。
歯肉炎から歯周炎へと移行すると膿が出て口臭の原因になり、歯を支えている骨が溶け、支えられなくなった歯が抜け落ちてしまうなどの症状が進みます。
ストレスや喫煙などの生活習慣や、糖尿病などの病気によって免疫機能が落ちていると、病気は進行しやすくなります。

歯周病は子供から大人まで多くの人がかかりやすい病気です。特に、中年期以降は、加齢により歯ぐきがやせてくる、免疫力が低下するなど歯周病にかかりやすくなる要因が加わるため特に注意が必要です。

歯周病は、生活習慣病の中の1つの病気なので、一度かかってしまうと治りません。

なので、症状が悪化して歯が抜け落ちてしまわないように定期的に歯科医院に来て、歯石取りなどのお手入れをする必要があるのです。

不明な点や分からないことがありましたら、お気軽にスタッフに相談してください!