CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

麻酔をしてもらったら、心臓がドキドキする。なぜですか?


  • おとな向け

麻酔が怖い、不安、効きにくいなど麻酔で悩まれている方は多いのではないでしょうか?

福岡県飯塚市鯰田にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科 小児歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニング 審美歯科 インビザライン MRC矯正)歯科医師の仲宗根美由紀です。

虫歯の治療や歯を抜く時に、インプラントの手術の時などに使われる麻酔を、一度は経験したことがあるのではないでしょうか??

 

歯科で使用する麻酔の目的は、歯の神経に麻酔薬を作用させ、治療中の痛みを感じさせないようにするもので、痛みがなく安全な治療の為に欠かせないものとなっております。

お口の中はとても感覚が鋭く、痛みや違和感に敏感なのものです。

 

ハート歯科では、麻酔をする部分を麻痺させてくれる表面麻酔をまず塗ります。

そして麻酔の針の痛みをなるべく和らげ、とても細い麻酔針を使用しています。

そして、麻酔時をするとなぜドキドキ(動悸)するのか、疑問に感じたことはありませんか?

 

なぜドキドキするのか?

原因として考えられることは、まず、歯科恐怖症によるものです。

治療や麻酔に対しての苦手意識や不安感、恐怖心などからくるストレスです。麻酔をする!と考えてしまうだけで、怖くなり不安になってしまう方もいますよね…。

もうひとつの原因として考えられることが麻酔の成分です。成分にアドレナリンというものが含まれていて、血圧を上昇させ脈を速くする働きがあります。

そのため注射直後に、心臓がドキドキすることがあります。

時間がたつと徐々におさまってくるので特に心配はいりません。

また麻酔アレルギーなどもあります。

歯科で使われているリドカインという麻酔の成分に対するアレルギーです。アナフィラキシーショックを引き起こす可能性などもあります。麻酔をした後全身にかゆみや蕁麻疹、腫れ、喘息や呼吸困難などが起こることもあります。

しかしリドカインにアレルギー反応を起こす人は、かなりの低頻度ですが起こる可能性もあります。

歯や歯茎の周りに強い炎症があったりすると、骨が固く麻酔の注射が浸透しにくい部位、下の奥歯、膿が溜まっている部位などでは、麻酔が効きにくいこともあります。なのでハート歯科ではまず、歯周病治療などを行い炎症が治まってから麻酔治療をすることもあります!

歯医者に行きたいけど、麻酔が怖い、不安…など心配されている方は多くいらっしゃると思いますが、ハート歯科ではそんなお悩みも一緒に解決していけるよう最善をつくしておりますので、麻酔のことで少しでも不安がある方はスタッフにご相談下さい