CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

歯垢ってなんですか?


  • おとな向け

歯垢とは細菌の塊のこと。歯ブラシが届きにくい場所に付きやすく、虫歯や口臭を引き起こす原因となるのです。
ではさらに詳しく説明いたします。

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい『予防歯科・審美歯科・小児歯科・矯正歯科(マイオブレースシステム矯正,インビザラインシステム矯正)・インプラント・ホワイトニング』歯科医師の仲宗根美由紀です。

歯と歯の間や歯と歯肉のさかいめなどをよく見ると、白いものがついていませんか。それが「歯垢」です。

歯垢(プラーク)とは、食べかすではなく、歯の表面に付着している細菌のかたまりです。食後4~8時間程で作られます。
白色または黄白色のネバネバした物質で、目では確認しにくいのですが、舌でさわるとザラザラとした感触があります。
粘着性が強いため、歯の表面にしっかりと付着し、強くうがいしても取れにくいのです。
歯垢の中には細菌が約600種類も存在しており、歯垢1mg当たりに細菌が約1億個以上存在しています。唾液の流れが悪い場所に付着するとその場で増殖を始め、徐々に歯垢を形成するため、早めに取り除くことが重要です。特に、だ液の分泌量が低下する就寝中などは、歯垢がたまりやすい状態になります。歯垢をそのままで放っておくと、虫歯や歯周病の原因になりますが、歯垢の段階であれば歯磨きで落とすことができます。

 

歯の三大不潔域

・奥歯のかむ面
・歯と歯茎の境目
・歯と歯の間

また、これらの他に、「歯並びが悪くて重なっている場所」や「抜けた歯のまわり」なども歯垢がたまりやすい場所です。

また歯垢はむし歯口臭の原因になることもあります。歯垢に含まれる細菌が、臭いの強いガスを作ります。またむし歯やその周囲の食べかす、歯周病が進行したときに歯周ポケットから出る膿みも臭いを発するため、口臭の原因となると考えられています。

 

磨き残された歯垢をそのままにしておくと、唾液中のカルシウムやリンと結びついて石灰化し、個人差はありますが、早ければ約2~3日で徐々に歯石へと変わっていきます。歯石の表面はザラザラしているので、その上に歯垢がまた付きやすくなります。

 

 

口の中に歯垢をなるべく残さないためには、毎日の歯磨きが重要です。歯ブラシでブラッシングするのが基本ですが、歯と歯の間や歯並びが悪く重なっている場所の汚れは歯ブラシでは半分程度にしか落とすことができません。デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシという専用ブラシで磨くことがおすすめです。もし歯石がついてしまったら、早めに歯科医院へ。日ごろから定期的にメンテナンスを受けて、歯垢や歯石をチェックしてもらいましょう。