CASE RECORDS

歯の豆知識

再近、脳が衰えた気がしませんか?


  • おとな向け

最近、人の名前が出てこないし、物覚えが悪くなったかな?脳の機能が衰えた?と感じることがありませんか?
そんな、脳にかかわることが、歯と関係しているようです。
今日は歯と認知症について解説します。

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・小児歯科・インプラント・ホワイトニング)の数住です。

最近、歯を大事にすることは、全身や脳にもいいと、なんとなく聞いたことがあると思います。

今日は、脳や全身疾患について詳しく説明します。

 

★脳と歯は強く関係していて、「生きる」とは、「食べる」こと、歯を使って、咀嚼し続けることなのです。

「歯」を使って噛むだけで、脳の広い範囲が活性化し、歯が抜けて噛めなくなると、脳への刺激が減っていき、

その結果、脳が老化していきます。

しかし、噛み続けることができれば、いくつになっても、脳は生き生きとよみがえるのです。

 

 

 

【社会問題となってきた認知症】

2025年には65歳以上の5人に1人、約730万人が認知症と試算されています。

 

【「35歳」が認知症発症リスクのターニングポイント】

歯周病は脳を老化させる大きな原因なのです。

35歳前後から増え始める歯周病菌が、認知症や全身疾患を引き起こす原因になるからです。

正しい「歯のケア」こそ、長寿社会を健康に生き抜くために、すべての人が身につけるべき

習慣なのです。

成人の8割が、歯周病になっていると言われますから、みなさん、歯のケアを頑張りましょう!

 

【歯のケアで得られる効果】

・ 脳が活性化して、ヤル気や記憶力が高まる。

・認知症や全身疾患を予防、「健康寿命」が延び、寝たきりを予防できる。

・ 何歳になっても、好きな料理が食べられる!など、他にもいいことはたくさんあります。

 

【口腔状態の悪化がもたらすさまざまな病気】

「歯周病」

・歯が抜け、そして認知症の原因になる。

・大人が歯を失う原因の1位。

・口腔内100億の細菌がいて衛生状態が悪い場合は1兆をこえる細菌がいる。

「アルツハイマー病」

・歯周病を引き起こす歯周病菌が原因。

・血液中に炎症物質「サイトカイン」が流れ込む→脳で「アミロイドℬ」(タンパク質)が増殖→「海馬(記憶を司る)」を中心に溜まる→圧迫し脳細胞が壊死→さらに記憶力低下。

「糖尿病」

・すい臓から分泌されるホルモン「インスリン」の働きが阻害される病気。

・歯周病菌が出す毒素の影響でつくられる炎症物質「サイトカイン」が血管を通じて全身に放出されインスリンが効きにくくなり、糖尿病が発症、進行しやすくなる。

・歯周病患者は2倍、糖尿病になりやすい。

「脳血管疾患(脳卒中)」

・要介護リスク1位。歯周病がきっかけ。

・歯肉付近で炎症物質「サイトカイン」がつくられ血管に入り込み、動脈の内壁が厚く硬くなり、血管が詰まったり(脳梗塞)、切れたり(脳出血)すること。

歯周病の人は2,8倍脳梗塞になりやすい。

「心筋梗塞」

・心臓をとりまく冠動脈が動脈硬化を起こすこと。炎症物質「サイトカイン」が心臓に流れ込むこと。

「誤嚥性肺炎」

・死亡原因第3位。(1位がん、2位心疾患)

・高齢者は睡眠時など、唾液を誤飲していることが多く、歯周病菌などの口腔内細菌が多いと肺炎を起こしやすい。

「口臭」

・歯周病による「メチルメルカプタン」の原因物質が腐敗臭となる。

 

【歯のケアで健康寿命を延ばそう】

皆さん、どうですか?歯周病がこんなにかかわっているのです。

脳の老化を防ぐために、歯科医院での定期検診がとても大切ですね。

正しい歯のケアで認知症や全身疾患を予防し、健康寿命を延ばしましょう!

お待ちしております。