CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

フッ素塗布は本当に安全ですか?


  • 小児歯科

最近、小児歯科で推奨されることの多いフッ素について安全であるかどうか不安はありませんか?

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい『予防歯科・審美歯科・小児歯科・矯正歯科(マイオブレースシステム矯正,インビザラインシステム矯正)・インプラント・ホワイトニング』の歯科医師の仲宗根美由紀です。

今回はフッ素とはどのような成分なのか?フッ素塗布治療をするとことの効果は何か?危険性はないか?など、フッ素ついて詳しくお話します。

 

フッ素はどんな物質?

「フッ素は土の中、海中など地球上のどこにでもある物質のひとつ」

・普段私たちが口にしている飲み水や食べ物の中にも「フッ化物」として含まれている物質。

フッ素自体は非常に強い酸化作用があるため、単体で地球上に存在することはあまりありません。なんらかの元素と化合したフッ化物として存在するのが一般的です。

 

安全性

・単体だとガラスやプラスチックさえ溶かしてしまう程の強い酸化作用がある

・ヒトが摂取すると猛毒となります

インターネット上などでは、「フッ素は危険」・「フッ素を子供に塗布させるのは止めたほうがいい」などと噂されています。
そもそもフッ素が単体で私たちの体に摂取されることは通常ありません。

さらに歯科医院で使用するフッ素は「フッ化ナトリウム」と呼ばれる安全性の高いフッ化物であるため危険性はありません。

 

フッ素塗布が推奨されているのはなぜ

フッ素を歯の表面に塗ることで虫歯を予防する効果が期待できるから!

小さいお子さんの歯は生えたばかりで表面がとても柔らかく虫歯菌に対して非常に無防備な状態です。虫歯への予防効果が期待できるフッ素塗布を乳歯の生えてくる時や永久歯へと生え変わるタイミングで行うことは、お子さんの歯の健康を守るためにとても効果の高い予防となるのです。

 

フッ素塗布の効果

①歯の再石灰化を促し初期虫歯を修復

私たちの食事の度に、酸を産生し歯を溶かしてしまいます。通常なら、溶け出してしまった成分は唾液の働きによってもとに戻ります。この働きを「歯の再石灰化」といい、フッ素塗布することにより、歯の再石灰化が促進されます。

②丈夫な歯を作る

フッ素はエナメル質の成分と結び付くことで、フルオロアパタイトという非常に硬い構造となります。

③虫歯菌の活動を抑える

虫歯は、虫歯菌が出した酸によって歯が溶けていく症状です。

フッ素には、、、!

虫歯菌が出す酸の量を抑える働きがある

虫歯菌の出す酸の量を抑制することで歯が溶かされにくくなり、虫歯の予防へとつながります。

フッ素塗布の方法

ハート歯科では歯ブラシにフッ素を浸してから歯に1本ずつ塗っていく歯面塗布法を行っています。お子さんから大人まで受けることができます。

フッ素塗布をはじめる年齢

乳歯・永久歯も歯の生え始めのタイミングで行うと、最も虫歯を抑制する効果が期待できます。上下の歯が生えそろったタイミングでフッ素塗布を行うと良いです。

フッ素の種類

①高濃度

歯科医院で定期的に塗布するもの。

②低濃度

フッ素を配合した歯磨き粉を使用する方法。歯磨き粉を購入する際は、

・「モノフルオロリン酸ナトリウム」

・「フッ化ナトリウム」

といった成分を配合している製品やフッ素濃度が高いのを選びましょう。

 

歯を磨き終わったあとのうがいは軽めに済ませることが大切です。
フッ素の成分が口の中に残ることでより高い効果が期待できます。

歯科医院の定期健診と組み合わせるなどしてフッ素塗布を行ってもらいましょう✨