CASE RECORDS

歯の豆知識

子どもの歯ぎしりって大丈夫なの?


  • 小児歯科

子どもなのに、ぎりぎり歯ぎしりしりをしている・・・お母様方から心配の声を聞くことがあります。今回は子どもの歯ぎしりについてお話しします。

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・小児歯科・インプラント・ホワイトニング)の仲宗根です。

お子さんを連れて来られているお母様方から、「むし歯の予防」や、「歯並び」についてご相談を受けることが多いですが、その他に、「歯ぎしり」について心配の声を聞くことがあります。

「うちの子、歯ぎしりをしていて歯がすり減っていると思うんです。」

「子どもなのに、大人みたいにギリギリ歯ぎしりをしているんです。」

大人の歯ぎしりは、ストレスや噛み合わせが関係している事が多く、それに伴って顎への負担がかかり、顎関節症になりやすくなります。そのため、マウスピース等を用いて治療を始めていきます。

それに対し、子どもの歯ぎしりには大人と違った理由があります

<子どもの歯ぎしり>

◯みんなしているの?

約40%の子どもがしているという報告があります。

◯好発年齢と原因

1.歯が生え始める6〜7ヶ月頃からはじまる

・噛み合わせのために顎の位置を決める

歯の使い方の練習

→歯をこすり合せたり、噛んだりと歯ぎしりの様な動きをすることで、咀嚼の仕方を覚えます。

・歯が生え始めで歯茎にむずがゆさを感じている

2.乳臼歯が生える2歳頃、

 永久歯に生え変わりが進む6〜10歳頃

噛み合わせのバランスを調整しながら、永久歯が生えてくるスペースを確保している。

顎の成長を促すのに必要。

このように、子どもの歯ぎしりは成長や生え変わりなど、生理的に必要なことなのです。

そのため、それほど心配はなく経過をみていく場合が多いです。

<治療が必要なケース>

1.歯の神経に影響がでる

ひどい歯ぎしりが長く続くことで、稀に歯の神経がその圧力に耐えきれず、神経の壊死や炎症を起こすことがあります。

その場合には、歯の根っこ(神経)の治療になる事もあります。

2.顎関節症になる

歯ぎしりは、顎まわりの筋肉を緊張させ顎関節への負担もかかるため顎関節症を引き起こす場合もあります。

3.歯のひどい摩耗やぐらつきがでる

擦り減りがひどい場合や、歯ぎしりの圧力によってグラグラと動揺してしまっている時には、歯科医院で診てもらいましょう。

4.明らかに歯並びが悪い

噛み合わせによって歯ぎしりがでている事も考えられます。

<まとめ>

子どもの歯ぎしりは、顎の発育や生え変わりに必要であり、心配いらない事がほとんどです。しかし稀に治療が必要なケースもあります。

うちの子はどうなのかなと気になってませんか。

なかなかご自分では判断が難しい部分もあるかと思いますので、いつでも相談されて下さい。