CASE RECORDS

歯の豆知識

誤嚥性肺炎とは?


  • おとな向け

ハート歯科は訪問診療を行いご年配の方のメンテナンスを行っています。メンテナンスの必要性とは?

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・小児歯科・インプラント・ホワイトニング)嶋元です!

 

ハート歯科では治療に通って頂いていた患者様を対象に訪問診療を行っています!訪問診療ではお口を綺麗に保つためにメンテナンスなどを行っています!

皆さんは「誤嚥(ごえん)」という言葉をご存じですか。

私たちが物をのみこむと普通それは食道を通って胃に向かいますが、それが食道を通らずに気管に入りこんで肺に向かってしまうことを「誤嚥」と呼びます。

 高齢になるにつれ、あるいは全身状態が悪くなると、嚥下反射やせき反射の低下、呼吸が不安定、口周囲の筋力の低下、舌の動きが悪い、姿勢が悪い、首が硬い、などなど、様々な原因から正常な嚥下(えんげ:のみこみのこと)がしにくくなり、「誤嚥」が起こりやすくなります。また、安静時や寝ている間に唾液や胃液が少しずつ肺へ流れてしまう「不顕性誤嚥」も起こりやすくなります。

 「誤嚥」が多くなるとよく肺炎を起こすようになり、これを「誤嚥性肺炎」と呼びます。

 この「誤嚥性肺炎」を起こす細菌は歯周病菌とかなり一致することが分かっています。

 つまり口の中の歯周病菌が肺に流れていくことで起こっていると考えられています。

 歯周病の原因は、歯とハグキの境目に増殖する細菌のかたまりです。歯周病があると出血や排膿などのために口の中に存在するさまざまな細菌がさらに繁殖しやすい環境になるので、歯周病が進むと細菌はどんどん増殖していきます。このような条件下で「誤嚥」が起こった場合、大量の歯周病菌が肺へと向かうことになります。すなわち歯周病は「誤嚥性肺炎」を起こす大きな原因のひとつになります。

特に高齢者・寝たきりの人や、脳卒中の後遺症などで飲み込む力が衰えている人に多く発生しています。誤嚥性肺炎を起こした人から、歯周病菌が多く見つかるため、歯周病菌が誤嚥性肺炎の重大な原因の一つと考えられています。

ですから、口の中を清潔にし、歯周病を予防することが、肺炎を防ぎ、命を救うことにもつながります!!

訪問診療だけでなく、日々の定期検診を行うことで将来の予防にもつながります!

年齢を重ね免疫が下がってきてしまうと、誤嚥性肺炎だけでなく、心疾患や、糖尿病さまざまな全身疾患を及ぼす危険性もあるので、若いうちからのメンテナンスはとても重要なので、メンテナンスはぜひハート歯科の衛生士にお任せ下さい♡