CASE RECORDS

歯の豆知識

なぜ金属アレルギーになるの?


  • おとな向け

今回は、金属アレルギーについてお話しいたします!

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科 小児歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニング)の安藤です。

皆さまも、よく耳にする金属アレルギーですが、金属アレルギーはどんな時に起きるかご存知ですか?

金属アレルギーとは、「金属をつけているからアレルギーが起きる」と思われている方が多いと思います。

私も、専門学校に通う前まではそう思っていたのですが、実は、金属アレルギーは金属そのものに直接アレルギーを起こすわけではないのです!

汗や体液によって、金属が溶け出し、体内に入り込んだ金属を身体が「異物」として認識し、過剰反応する事でアレルギーの症状が起きるのです。

また、今まで大丈夫だったのにある日突然発症することもあります。

金属アレルギーは、どの金属でアレルギーが起きるかも人それぞれで、金属アレルギーの起こりやすさや反応を起こしやすい金属も人それぞれで異なります。

一度、金属アレルギーが起きてしまうと完治することは、ほぼ難しくなってしまいます。

なので、ピアスやネックレスなどでアレルギーを起こしてしまう方は、まずは金属を外す事が大事になっていきます。

金属アレルギーが起きた時の症状は、以下のものがあげられます。

  • アクセサリーを外した後、金属が触れていた部分がアクセサリーの形に赤みを帯びている
  • アクセサリーを着けている部分の皮膚がかゆくなった
  • 金属が触れていた部分に、湿疹のようなものができた
  • ピアスを付けている耳たぶが、熱を持っているような感覚がする
  • ピアスを付けている耳たぶに痛みを感じる

また、歯科では保険適応の被せ物(銀歯)をつけている方で金属アレルギーを起こす方もいらっしゃいます。

保険適応の被せ物には、ニッケル、コバルト、水銀、クロムなどの材料を使っているため、金属アレルギーを起こしやすい方の中で、銀の被せ物をされている方には樹脂を使った材料にやりかえたり、自費の被せ物をお勧めして、やりかえるように進めています。

先ほどもご説明しましたが、金属アレルギーの反応が出るのは人それぞれなので、銀歯を入れていても反応が起きないケースもあります。

ですが、万が一、症状が出た時は、治療方法として樹脂を使った材料に変えることや、自費の被せ物をお勧めして、やりかえることを提案していますので、症状が出た時はお伝えお願いします。

分からないことや、ご不明な点がございましたら、いつでもスタッフに聞いてください!