CASE RECORDS

歯の豆知識

歯垢と歯石のちがいって??


  • おとな向け

患者さんからの質問も良くある、歯垢(プラーク)と歯石の違いをお話していきたいと思います。

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・小児歯科・インプラント・ホワイトニング)の増永です。

 

歯垢は、ご自身で落とせるもので、歯石は基本的には歯科医院で歯科医師、もしくは歯科衛生士が取るものです。

「歯科医師と歯科衛生士」の画像検索結果

歯を磨いてないと歯の表面がザラザラ、ヌメヌメしてきます。これは、歯垢が付いてきてるサインです。一方、歯石は歯垢が数日経って、石灰化して、石のように固まったものを言います。

歯垢は食べかすではなく、細菌の塊です。ハート歯科でも健診時には顕微鏡で歯垢を見て細菌を調べます。顕微鏡で見ると、歯周病菌や虫歯菌がたくさん動いて生きて見えます。歯垢は1mg中におよそ300種類、数億~10億個もの細菌がいると言われています。

「歯垢顕微鏡」の画像検索結果

細菌同志は、強く結びつき、バイオフィルという集落を作って、歯の表面からはがれないようにくっついています。バイオフィルムになると歯ブラシ等でもなかなか取れにくくなります。

「バイオフィルムイラスト」の画像検索結果

 

歯石は歯垢が固まったものを言います。歯石には2種類あります。歯茎の上につく歯石が縁上歯石。歯周ポケットの中につく歯石が縁下歯石と言います。縁上歯石は基本的には歯垢が唾液と混ざって固まるので白っぽい、もしくは黄色っぽいものが多いです。

「歯石画像」の画像検索結果

一方縁下歯石は歯茎からの出血と混ざって固まる事が多いので、黒っぽい色をしており、固く歯の根っこについています。特に縁下歯石は歯周病を進行させる大きな原因になっています。

「縁下歯石画」の画像検索結果

歯石が付いてくると歯周病を引き起こしやすいお口の環境になっていきますので、歯石になる前の歯垢の時点でしっかりお手入れすることをお勧めします。しかし気を付けてどんなに頑張って磨いても歯ブラシが届きにくい部分もあります。そういう場所から虫歯や歯周病になることが多いので、定期的にクリーニングを受けていただくことをお勧めします。

「歯科医院イラスト」の画像検索結果

それから、歯周ポケットが4ミリ以上の場合、中まで歯ブラシの毛先は入っていかないと言われています。深い歯周ポケットの中の歯垢は自分では取り切れないので歯科医院で取ってもらいましょう。放置していると、縁下歯石になり、歯周病は進行してしまいます。歯茎から上の歯石だけでなく、見えない歯周ポケット内にも歯石が付いてる可能性は十分にあります。

むし歯で歯を失う方より歯周病で歯を失う方の方が多いです。「もっと歯を大事にしておけば良かった。。。」「もっと早く歯医者さんに行けばよかった。。。」そうならない為にも、定期的な健診が皆さんの歯の寿命をきっと伸ばしてくれますよ!

 

ハート歯科では定期健診メンテナンスの際には歯石取りに加え、バイオフィルムを除去する機械的歯面清掃も行っています。定期的なクリーニングにはぜひハート歯科クリニックいまいへお越しくださいね♡