CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

虫歯になりやすい人となりにくい人の違いについて


  • 予防歯科

しっかり歯磨きしているのにどうして虫歯になってしまうのか疑問に思ったことはないですか?
今回はそんな疑問についてお答えしていきます。

福岡県飯塚市鯰田にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・口腔外科・インプラント・マイオブレス小児矯正・ホワイトニング・インビザライン矯正)の歯科医師、今井若奈です。

どうして虫歯になりやすい人、なりにくい人はいるのか、その違いは何なのかご説明していきます。

虫歯になりやすい人の特徴

①歯磨き 歯磨きの仕方は人によって異なります。デンタルフロスや歯間ブラシを使用して丁寧に磨く人はそれだけプラークの除去率が高いですし、逆にブラッシングだけで適当に磨く人は磨き残しもたくさん出てしまいます。

また、磨き方の技術にも差があり、歯科医院でブラッシング指導を受けた人は精度の高い歯磨きができます。
つまり、歯磨きするにしても磨き方次第で虫歯になりやすくもなりにくくもなるのです。

②虫歯の原因菌が多い

口腔内にはたくさんの細菌が存在します。それらの細菌の中に虫歯の原因となる菌の数が多いければ多いほど、酸性濃度が濃くなり歯が溶け出してしまいます。

③歯の質が弱い

歯の質が弱い人は歯の表面のエナメル質の強度が弱いので、虫歯菌の影響に敏感に反応してしまいます。その結果、歯が溶けてしまい虫歯になってしまいます。

③食生活

人によっては間食が多く、高い頻度で何かしら飲食をしてしまう人がいます。こういう食事の摂り方をする人は、いくら歯を丁寧に磨いても虫歯になりやすいです。

お口の中では歯のカルシウムが溶け出す脱灰と、それを元に戻す再石灰化が繰り返されています。虫歯を防ぐには再石灰化が重要なのですが、食事の頻度が高いと脱灰ばかりが起こってしまいます。そうなると再石灰化が行われるタイミングが失われてしまい、虫歯になるリスクが高まります。
長い時間食事しても同じことが起こるため、いわゆるダラダラ食いをしてしまう人にも同様のことが言えます。

④唾液の質

唾液は細菌を流してお口の中を洗浄する役割を持っています。

唾液は人によって質が異なっており、その質次第で虫歯になりやすくもなりにくくもなります。ちなみに、虫歯になりにくいのは「サラサラしていて唾液の量が多い人」で、虫歯になりやすいのは「ネバネバしていて唾液の量が少ない人」です。唾液の量が少なければお口全体に唾液が行き届かないですし、ネバついていることで細菌を洗い流すことができません。
一方、唾液の量が多くてサラサラしている人は洗浄効果が高く、虫歯にかかりにくいのです。

⑤生活習慣

虫歯は虫歯菌という細菌に感染することで起こります。このため、細菌に感染しにくい人は虫歯になりにくいですし、歯周病においても同じことが言えます。

免疫力が高ければ細菌に感染しにくいですし、逆に低ければ細菌に感染しやすくなるのです。

ここで問題になってくるのが生活習慣です。
疲労やストレスが蓄積される生活を送ると免疫力が低下するため、細菌に感染しやすくなります。

このように毎日の生活習慣で身体の免疫力が低下し、虫歯になりやすくなるのです。

これらの5つのことから虫歯になりやすい人となりにくい人の違いが分かります。

唾液の質は例外として、それ以外の原因については誰にでも改善可能です。

また、虫歯になりやすい人は予防歯科や定期検診を受けるのもおすすめです。お口のクリーニングやブラッシング指導は予防効果が高いですし、仮に虫歯になったとしても痛みの少ない初期段階で発見して治療をすることが出来ます。

いつまでも自分の歯でおいしく食事ができるように、笑顔で健康で幸せな長生き人生を目指して、頑張りましょう。

ハート歯科クリニックいまい HP

↓  ↓  ↓

https://heart-dental.jp/