CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

虫歯だらけだけど・・・


  • おとな向け

虫歯だらけで歯医者さんに怒られる気がして中々行けない・・・
怖くて行けない・・・
虫歯を放置してしまうとどうなってしまうのかご説明します。

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(審美歯科・矯正歯科・予防歯科・小児歯科・インプラント・インビザライン・ホワイトニング)のドクター仲宗根です。

虫歯だらけで歯医者に行かないと分かっていても怖くて中々行けない・・・という方も多いと思います。

しかし、実際に虫歯を放置いてしまうと最悪な事態になってしまいます。

①悪化し続けてしまう

虫歯は一度できてしまうと自然には治りません。

決して元の歯には戻すことができない上に、虫歯菌が神経まで達してしまいます。

こうなってしまうと、簡単には治療ができない上、時間・回数も多くなります。

そして、被せ物をしないと行けません。

②怒られるかもしれないと言う意識を持たない

虫歯が多くなってしまった方に理由を訪ねるともちろん、「仕事が忙しかった」「育児が大変で自分のことを後回しにしてしまった」と言う方が多いかも知れません。

その一方で、「どうしてこうなるまで放置してたの!?」と言われたことがあって歯科に行くのが嫌になってしまった。と言う方もいます。

当院では、最初にしっかりとお話を聞いた上で、患者さん一人一人にあった口腔ケアグッズの紹介や歯の磨き方、治療の説明、治療の進め方をしていきますので、安心してください。

③大きな病気に発展する可能性もある

虫歯が大きく神経まで虫歯菌が達してしまうと血管を通じて虫歯菌が身体中に回ってしまいます。

例えば、虫歯菌が脳にまで達してしまえば脳梗塞、心臓にまで侵攻してしまえば心筋梗塞を招く危険性があります。

必ずしもこのような病気に発展するわけではありませんが、リスクはあります。

歯科に行かず虫歯を放置してしまうと自らこのようなリスクを背負うことになります。

 

④歯を失う可能性もある

「昔よりは医療の技術も進んでるよね」「昔は麻酔がすごく痛かったけど今は技術が良くなったから前よりはいいよね」と言われることも少なくありません。

しかし、いくら医療の技術が進歩しているからと言って虫歯治療で100%歯を残せるとは言えません。

症状が軽い・虫歯の範囲が小さいとなれば少し削って樹脂を詰めたり、神経までは達していないけど少し大きな虫歯は削って部分的に被せ物をしたりと言うふうに処置をすることが可能です。

しかし、進行具合によっては抜歯が必要になるケースもあります。

そうなってしまうとインプラントをしたり、両隣の歯を削ってブリッジをしたり、抜歯の本数によっては入れ歯を入れないといけない事もあります。

なので、自分の健康を守る為には歯科に行きましょう。