CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

歯を抜いたところ、今後の治療法は?


  • おとな向け

歯を抜いたところ、どうしよう?
治療方法、いろんな種類があるけど、どんな違いがあるの?ぴったりなのはどれ?と悩まれてしまうと思います。
いくつかの治療法がありますのでご紹介しましょう。

こんにちは!!福岡県の飯塚市鯰田にハート歯科クリニックいまい(予防歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、インビザライン矯正歯科、マイオブレス小児矯正)の歯科医師、仲宗根美由紀です

今回は、歯が抜けた後の治療方法についてご説明します

歯がないところの治療には、いろいろな方法・素材があります
それぞれの特徴・長所・短所があるので、これからご案内いたします

1,ブリッジ

2,インプラント

3,部分入れ歯

4,そのままにする

 

1,ブリッジについて

「かぶせもの」を3つ以上つなげて、歯がないところを治療します(「橋」のようにするからブリッジといいます)

治療期間 数回の来院

健康面  隣の歯に負担をかけてしまう  隣の歯は、むし歯がなくても削らないとけない

機能性  まあまあ良く噛める

審美性  白いかぶせのののタイプは見た目がよい

耐久性  治療につかう材料によって変わる

 

2,インプラント

インプラントは、失った歯のところに体によい素材を埋めてから、かぶせものをとりつける、まるで自分の歯のように感じられる最新の治療法です                                                          ブリッジと違い、両隣の健康な歯を削る必要がない、部分入れ歯と違い、バネで隣りの歯に負担をかけない、他の治療と比べ期間がかかりますが、まるで自分の歯と同じようになるのが最大の長所になります

治療期間 3ヶ月~

健康面  チタンという安全な金属を使い、慎重に治療を行なう

機能性  とてもよくかめる

審美性  天然の歯と区別がつかないくらい美しい

耐久性  きちんと定期的に管理すれば、長持ちする

 

3,部分入れ歯

 

金属の金具で歯に固定させて使う取り外し式の人工の歯です。比較的短期間で治療できます。取り外して歯磨きできるので、ブリッジよりお口の中を清潔に保てますが、どうしても安定性に欠けることもあります。慣れないうちは異物感・違和感がかなりあります。

治療期間 1ヶ月~

健康面  バネのあるタイプは隣の歯に負担をかける違和感がある

機能性  治療法によってかみやすいかどうか変わってくる

審美性  バネがないタイプは見た目がよい

耐久性  あごの骨がとけていくので、定期的に調整が必要なる

 

4,そのままにする

歯が抜けたまま放置していると、歯の位置が大きく変わり、咬み合わせのバランスは崩れて、本来の歯の位置を保てなくなります。結果として、一部分に噛む力が集中し、顎関節の痛みが出たり、歯の寿命が短くなるなどの悪影響を及ぼすこともでてきます

治療期間 なし

健康面  健康によくない

機能性  かめない

審美性  見た目が悪い

耐久性  ゼロ

 

このように、治療法にはそれぞれ長所と短所があります。口の中の状態や症状、健康状態によっても、適した治療が異なってきますので、レントゲン写真やCTなど検査をきちんと診断して歯を失った原因を考慮しながら、あなたの状態に合わせてお話させて頂きます。