CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

歯周病と認知症って関係あるの?


  • おとな向け

歯周病と認知症は関係があると言われています。どのように関係があるのか今回はご説明していきます。

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科 小児歯科 矯正歯科 ホワイトニング インプラント 審美歯科 インビザライン MRC矯正)歯科医師の仲宗根美由紀です。

歯周病が「アルツハイマー病」の進行を促進させるということをご存知ですか?

反対に、歯周病治療が、アルツハイマー病の
進行を遅らせる可能性もあるのです。
認知症の中で最も多い、アルツハイマー型認知症。

脳の委縮が特徴のアルツハイマー病によって起こる認知症のことで、症状はもの忘れなどの記憶障害や判断力の低下と言われています。

歯周病との関係については、あまりはっきりとされていませんが、研究では、歯周病がアルツハイマー病の悪化因子であるということが分かっていると言われています。

口の中の歯周病菌や炎症のもととなる物質などが、血流に乗って脳に運ばれて何らかの影響を与えているのです。

歯周病で歯を失うことも、アルツハイマーの原因となり、
歯周病で歯を失うことも、アルツハイマー病と無関係ではありません
アルツハイマー型認知症の発症には脳の中の神経伝達物質の減少が関わっていると考えられていて、神経伝達物質は噛むことによる刺激が脳に伝わることで増えるからです。

また、噛むことが脳を活性化することもわかっています。ご飯のときはしっかり噛みましょう!!
つまり、歯周病によって歯を失うことが、アルツハイマー型認知症の引き金にもなりかねないということなのです。
アルツハイマー型認知症の人は健康な人よりも歯の本数が少なく、また、残っている歯が少ないほど脳の委縮が進んでいたということが知られています。

健康な歯ぐきはピンクで引き締まっている!
歯を支えているのは、「歯ぐき」と歯ぐきの中にある骨「歯槽骨」です。健康な歯周組織は、歯の根っこを包み込んで、しっかりと歯が固定されています。
正常な歯ぐきは、サーモンピンクのような色をしています。歯磨きをしていて血が出るということはありません。弾力があって、引き締まっており、歯と歯の間の歯肉は、とがった形をしています。健康な状態でも、歯と歯ぐきの間にはわずかな溝が存在しますが、歯茎の検査で深さは0.5~2mm程度です。
また、健康な歯槽骨〔歯を支える骨〕は、歯ぐきの上の方まで高さがきちんとあります。 こういった状態を維持するには、適切なお家でのケアが欠かせません。また、歯医者での数か月に1度の歯石取りなど、プロのメンテナンスを受けることがとても大切です
ハート歯科では歯周病治療や定期的なメンテナンスも行っています。歯周病が気になる方は是非お待ちしております♪