CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

前歯のむし歯の治療後、数年後に黒くなってきた。これはむし歯ですか?


  • おとな向け

「数年前に前歯の治療をしたのに、なんで黒くなってるんだろう?」
「痛みもないのに虫歯になったのかな?」と思ったことはありませんか?

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・審美歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・ホワイトニング)の歯科医師の仲宗根美由紀です。

「虫歯の治療をきちんとしたのに、周りから黒くなってる…痛みとかもないのに何でだろう?」と感じたことはありませんか?

今回は、「治療したのに、なぜまた黒くなるのか?」について説明いたします。

まず、前歯の歯と歯の間の治療が終わって、しばらく経った後の黒くなる原因としてはいくつかありますが、虫歯により歯が黒くなっている場合は、痛みも出ていることが多いです

虫歯である場合は黒い点であったり、黒い筋であったり、歯の溝に沿って黒くなることもあります。黒色の形や大きさはまちまちなので、そんなに関係はありません。

また「この歯だけ黒い」「数本だけ黒い」などといったことが起こります。

次に、タバコのヤニやコーヒー、お茶などにより歯に着色することがあります。特にタバコのヤニやコーヒーは、歯に黒い着色がつきやすいです。これらを口にする習慣がある方はその可能性が高いです。

 

着色が原因である場合は、下の写真のように、歯が全体的に黒くなっていることが多いです。タバコやコーヒーはお口の中全体に行き渡るものなので、「この歯だけ黒い」「歯の一部だけ黒い」などといったことは起きません。

着色が原因で歯が黒くなっている場合は、痛みがありません

また、着色を落とすようの歯磨き粉を使って歯磨きをしていくと着色が少しずつ取れて行きます。

治療した後の黒くなってしまう原因としては、この2つがだいたい考えられますが、分かりやすい見極め方としては、痛みや冷たいもの、温かいものでしみるかどうか?が1番分かりやすい方法となります。

しかし、前歯や奥歯も含めてですが、お口全体の中で神経をとる治療をした歯の場合、痛みやしみるなどの感覚がないので、気づかずに虫歯になっている可能性もあります。

なので、定期検診の中で定期的に撮影しているレントゲンの確認が必要なのです!

現状維持で前回撮影した時と比べて問題なければ大丈夫なのですが、万が一虫歯ができて進行していた場合、早期発見・早期治療が行えるので、余分に削らずに済むことができます。

定期検診を受けていても、前歯の治療後の黒くなっているのを見つけてしまうと心配や不安な気持ちはもちろんあると思います。

気になるところがあれば、いつでもハート歯科クリニックいまいに来られてください!