CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

神経の治療をしたら歯が痛くなくなった!まだ通わないといけないですか?


  • おとな向け

神経の治療をしたら痛くなくなった!まだ通う意味あるのかな?と思われたことありませんか?
今回は、神経の治療についてお話していきます。

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・審美歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・ホワイトニング)の歯科医師の今井 光です。

 

 

皆さんは神経の治療をされたことがありますか?

 

「大きなむし歯ができて、歯医者さんで神経の治療をしたら痛みがなくなったので、

通うのをやめて放置していたら、また歯が痛くなってきた。」

と患者様からお話をきくが度々あります。

 

まず神経の治療をした歯としていない歯の違いについてお話します。

 

神経の治療をしていない歯は、

木に例えると、生き生きとした健康的な状態です。

 

反対に、神経の治療をした歯は、

木に例えると枯れ木のような状態、 (弱っている状態)です。

神経の治療をした歯は、基本的には被せ物をするのですが、

しっかり日頃のお手入れをしていないと、

隙間からむし歯菌や歯周病菌が入り、

歯をもろくしてしまうリスクが高くなります

 

ですが、神経をとっているとなかなか痛みを感じないため、

そのまま気づかずに放置される方が多く、

ある日固いものを咬んだときに

歯が割れてしまい

最悪の場合、歯を抜かないといけなくなってしまった!

ということもあるのです。

 

こわいですよね。

 

でも、日頃のお手入れをしっかりしたり

定期検診にきちんと通うことで

歯を守ることができるので心配いりません。

 

続いて、神経の治療を途中でやめてしまうとどうなるのかのお話をしていきます。

神経の治療が途中で中断してしまうと、

神経自体はほとんどないので、最初のうちはあまり痛みは感じません。

 

すると、患者様のなかには

「痛くないからもう治った!」

「治療長くて、進んでる感じしないし、もういいかな」

と思い治療途中のまま終わってしまわれる方もいらっしゃいますが、

実は根の中はどんどん細菌で汚染されていきます。

そうなると体調が悪くなったり

体の抵抗力が落ちたときなどに

一気に痛みがきて大変な目にあうのです。

また治療途中の歯が、もう一度むし歯になっても

痛みも出ないこともあるんです。

1年以上放置しておくと最悪虫歯が進行していて歯が前以上にボロボロになり、

歯を抜かないといけなくなってしまうこともあります

 

ですので、神経の治療を途中で

中断してしまうのは非常に危険です。

根の治療は歯の基礎や土台とも言える大切な治療です。

土台がしっかりしていないと被せ物を入れても

また痛みが出たり不具合が出てきたりします。

 

神経の治療は、期間がかかってしまうので

当院では患者様に理解していただき、

治療に入らせていただいています。