CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

ホワイトニングをしたら、歯はずっと白いままですか?


  • おとな向け

最近人気のホワイトニングについてあなたはどのくらい知っていますか?
ホワイトニングを今現在している人、これからしたいと考えている人は、ホワイトニングした後が重要となります。

 


最近人気のホワイトニングについて、あなたはどのくらいのことについて知っていますか??

福岡県筑豊地区飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい『予防歯科・審美歯科・小児歯科・矯正歯科(マイオブレースシステム矯正,インビザラインシステム矯正)・インプラント・ホワイトニング』の歯科医師の仲宗根美由紀です。

 

みなさん、一度ホワイトニングをすると歯は白いままだと思っていませんか?

ホワイトニングをすると白くなりますが、その状態がずっと続く訳ではなく。。。

一度白くなったら、その白さを永久に維持できると良いのですが、残念ながらそうではありません。


IMG_3505.jpeg

生活習慣や歯の性質によって、ゆっくり再着色していくため、数ヶ月から半年程度になる頃から徐々に色が変わってき、最終的には元の色に戻ることになります。

IMG_3507.jpeg

長期的に白さを維持するためには、毎日の歯磨きの回数や時間、飲食や喫煙の習慣など、施術後のケアによりホワイトニング効果の維持期間は違ってきます。また、歯科医院でのクリーニングやPMTCといった「歯面清掃」を行なっている場合にはホワイトニングの効果が長持ちしやすくなります。

IMG_3535.pngい歯を長持ちさせるために

ホワイトニングの効果で、白い歯をより長続きさせるにはどうすればいいのか?2つのコツをご紹介いたします。

1着色の強い飲食後は、水でゆすぐ

ステインの原因となる着色成分が多く含まれている飲み物や食べ物を多く摂取すると、やはり歯の着色もしやすくなります。これらのものが好きで習慣的に摂取するという方は、飲食直後に口をゆすぐことで汚れが定着しにくくなり、着色を予防することができます。

2歯の定期健診を受ける

付着してすぐの着色成分であれば歯科医院で簡単に除去することができます。また、定期健診は虫歯予防・歯周病(歯槽膿漏)予防にもつながりますので、お口全体の健康的な美しさのためにもぜひ受けることをお勧めします。

ホワイトニングと一言で表現しても、色素を分解しないクリーニングや、ライフスタイルや希望する白さ・歯の状況によって使用する薬剤や方法が異なります。

ホワイトニングで効果的に歯を白くし、白さをより長持ちさせるためにも、ぜひご自分に合った方法を選んでください。

このように、ホワイトニングをして白さを保つためにはご自身でのケアがとても重要になってきます。

なので、毎日のホームケア歯科医院でのケアを続けていくことによって白さを保つことができるのです。