CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

歯周病ってなに?誰でもなるの?


  • 歯周病治療

歯周病は糖尿病や高血圧などと同じ慢性疾患です!治ることはありません。悪化しないように気をつけましょう!

こんにちは!

福岡県飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科 小児歯科 矯正歯科 ホワイトニング インプラント 審美歯科 インビザライン MRC矯正)歯科医師仲宗根美由紀です。

歯周病(歯槽膿漏)ってどんな病気?

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

about_01.gif

歯周病の原因

お口の中にはおよそ300500種類の細菌が住んでいます。

これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。

この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。その中でも歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

about_02.jpg

歯と歯ぐきの間に残された歯垢(プラーク)

歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。

歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシングだけでは取り除くことができません。この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

about_03.jpg

次のことも歯周病を進行させる因子となります。

  1. 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
  2. 不適合な冠や義歯
  3. 不規則な食習慣
  4. 喫煙
  5. ストレス
  6. 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
  7. 薬の長期服用

about_04.png

歯周病の進行過程

健康な歯肉

about_05.jpg

特徴

薄いピンク色の歯肉。

歯と歯の間に歯肉が入り込んで弾力がある。

歯肉が引き締まっている。

ブラッシングでは出血しない。

歯肉炎

about_06.jpg

特徴

赤色の歯肉。

歯と歯の間の歯肉が丸みを帯び膨らんでいる。

ブラッシングで出血する。

腫れた歯と歯肉との間に歯垢が溜まり悪化する。

歯周炎

about_07.jpg

特徴

赤紫色歯肉。

歯と接している歯肉が更に腫れる。

ブラッシングで出血や膿がでる。

歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まる。

歯肉が退縮して歯が長く見える。

歯周ポケットが深くなり骨(歯槽骨)が溶ける。

prevent4_img_01.jpg

生まれたときには、お口の中には歯周病菌は存在しません。生まれたときにいない歯周病菌が、お口の中に存在する理由、それは感染したからなのです。回し飲み、回し食い、箸の使いまわし、くしゃみなどが感染ルートとして考えられます。

ただ、感染予防をするために、親子のコミュニケーションに神経質になりすぎることはできるだけ避けたいものです。しかし、全く知識もなく、例えば奥歯がはえてからも食事などを母親が口移しで与えていれば、感染は免れないということになります。できれば母親をはじめ、家族全員は、正しい感染の知識を持ち、接触を避けるのではなく、自分自身の口腔を清潔に保つということが、子供のお口の安全につながることを理解したうえで、口腔ケアに取り組んでもらうことが望ましいことであると考えます。

アメリカで行われた調査は、全く離れた場所に住んでいる二人の子供に同じバクテリアが原因で歯周病が起きた例がありました。

何百キロも離れた子供が同じバクテリア、しかも普通にはいない特殊なバクテリアだったので調査してみると、それぞれの家で飼っている犬の口の中にも同じバクテリアがいることがわかりました。

さらにその犬について調べていくと、どちらの犬も同じブリーダーで繁殖したものだったことが分かりました。

 

このことからペットが歯周病の感染源になることが分かり、人間だけでなく、ペットのお口の中も綺麗にしていかなければならないことが分かりました。

現在では歯周病は、予防でき治療も可能です。 大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。

この15年の間に、歯周治療は急速な進歩を遂げました。 以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどすことができるのです。まず、歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。そのためには・・・

  1. 正しい歯ブラシの方法で毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておく事が何より大切なことです。
  2. 歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去することです。
  3. 傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にすることです。
  4. 健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けることです。

­