CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

知覚過敏が「しみる」から「激痛」になってきました。どうしたらいいですか?


  • おとな向け

冷たいものがしみる。歯みがきの際に痛む。このような症状の経験はありませんか?

こんにちは!福岡県飯塚市鯰田にあるハート歯科クリニックいまい(インプラント・ホワイトニング・予防歯科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・インビザライン)歯科医師の今井光です。

 

みなさん、冷たいものや歯みがきの際にしみたり、痛む症状はありませんか?普段の食事などではそのような症状が出ないのにむし歯と思って歯科医院へ受診すると、「知覚過敏」といわれた経験はありませんか?

テレビのCMなどでよく耳にする「知覚過敏」についてお話します。

 

知覚過敏とは?

冷たいものを摂取した際や歯みがきなどの際に、歯がしみるようになる状態を指します。歯の構成成分の一つである象牙質が露出することで痛みが引き起こされやすくなる状態です。知覚過敏を発症すると、歯磨きに伴って歯の痛みが生じるために、歯磨きがおろさかになることがあります。その後さらに歯の状態が悪くなり、症状が悪化することがあります。こうした悪循環を断ち切るためにも知覚過敏の症状が疑われる際には、早めに歯科医院を受信して適切な対応策をとることが重要です。

原因

象牙質と呼ばれる歯の構成成分が露出されることを原因として発症します。歯の表面は、エナメル質を呼ばれるもので覆われています。しかし、エナメル質がはがれるとその下に象牙質が露出します。象牙質はエナメル質よりも柔らかく、感覚を司る神経に刺激を伝えやすいものです。そのため、歯磨きや冷たいものの摂取などに関連して象牙質が刺激を受けます。

 

また、年齢とともに歯肉がやせてくると、歯の根元にある象牙質が露出されるようになり、知覚過敏の発症に至ることもあります。その他にも、歯磨き中に強く歯を磨くと歯の表面が傷つくことがあります。その結果、象牙質の露出に至り、知覚過敏を発症することがあります。また、外傷によって歯に傷がついた際も知覚過敏の発症に至る可能性があります。

 

治療

歯科医院では、フッ素の使用やコーティング剤の使用、噛み合わせの調整などを行います。

また、知覚過敏は普段の生活からのセルフケアを心がけることが大切です。歯みがきの際に過剰な力をかけないように気を付けましょう。

知覚過敏を抑えてくれる成分が入っている歯磨剤などを使うことをおすすめします。

症状が軽い方はそれにより、落ち着く方もいます。

それでも症状が落ち着かない方は最悪、神経をとる治療をすることになります。ですが、なるべくを削ったり、神経をとったりなどは避けたいものですよね。なので、生活に支障がないならそのまま様子を見ていきましょう。

 

知覚過敏の症状を抑えてくれる成分が入っている歯磨剤など分からないことがある方は、遠慮なくスタッフに訪ねください。