CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

歯医者さんに通うべき5つの理由


  • おとな向け

「痛くなくても、定期的にご来院ください」
そう言われても、歯医者さんに足が向かないという方、いらっしゃいますよね。でもそれはとてももったいないことです。超高齢社会の日本では、健康に長生きするためのカギとしてお口の健康が注目されています。
では、なぜ痛みなどの症状がなくても定期的に歯医者さんに通うべきなのか簡単に5つのポイントで紹介していきたいと思います!


こんにちは!福岡県飯塚市鯰田にあるハート歯科クリニックいまい
(予防歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、インビザライン矯正)の歯科医師の仲宗根美由紀です。

「痛くなくても、定期的にご来院ください」

そう言われても、歯医者さんに足が向かないという方、いらっしゃいますよね。でもそれはとてももったいないことです。超高齢社会の日本では、健康に長生きするためのカギとしてお口の健康が注目されています。

では、なぜ痛みなどの症状がなくても定期的に歯医者さんに通うべきなのか簡単に5つのポイントで紹介していきたいと思います!

①歯周病の治療が糖尿病の改善に役立つ

インスリンの危機が悪くなるのが原因。

糖尿病が怖いのは、悪化した結果起こる合併症ねす。高血糖の状態が何年も続くと、血管が弾力を失い硬くなり、ボロボロに傷んでいきます。

糖尿病により血管が痛み続けると、やがては臓器不全や失明、神経障害などの合併症に至ることがあひます。そんな恐ろしい糖尿病を悪化させるのが歯周病です。血糖を下げるホルモンであるインスリンは、体内に広がった炎症物質により、うまく働けなくなります。では、その炎症物質とは何でしょう?

「炎症」でつながる2つの病気。

炎症といえば、歯周病もお口に炎症を起こします。晴れや出血、痛みは炎症のせいですね。歯周組織を舞台とした、免疫細胞と細菌の戦い。その結果生じた炎症物質が、おなじように血流にのって体内に広がり、インスリンの働きを邪魔します。つまり、糖尿病と歯周病になっている場合、内臓脂肪からの炎症に加え、お口で起こっている炎症がダブルでインスリンの働きを邪魔するのです。しかし逆に言えば、歯周病が治療されれば、お口からの炎症の火元が止められるので、糖尿病にも良い影響を与えるということで。

②歯周病が認知症の進行に関与?!

歯周病菌のなかには、親玉ともいえる病原性の高い菌が存在します。その名はポルフィロモナス・ジンジバリス。この恐るべき菌は歯周病を悪化させるだけではなく、脳にまで入り込んで悪さをすると考えられてきているのです。

加齢にともない歯周組織や免疫が弱まると、歯周病になりやすくなります。だからこそ元気なうちから歯周病を予防すること、もしなってしまったとしたら、歯医者さんの力を借りて悪化させないように管理していくことが大切となります。

③きれいなお口は感染症予防の基本

高齢者の命を奪い続ける誤嚥性肺炎。

肺炎は、細菌やウイルスが肺の奥にある肺胞に入り込み、そこで繁殖して炎症を起こす病気です。一方、誤嚥性肺炎は、唾液や飲食物に含まれる細菌が誤って肺に入り込み、そこで繁殖して肺炎を起こします。唾液や飲食物は、普通なら食道にはいって胃に行くのですが、空気の通り道である気道に謝って入り込んでしまうのです。加齢により、喉の周りの筋肉が衰えた高齢の方がかかることが多く、日本人の死因の第6位を占める怖い病気です。誤嚥性肺炎の予防には、歯科衛生士さんなどの専門家による口腔ケアが有効です。お口の中、つまり唾液に含まれる細菌が減れば、誤嚥が起こっても肺炎に繋がる危険性が減るためです。予防には、歯医者さんでの定期的にお口をクリーニングしてもらうのに加え、セルフケアの指導を

受けてご自身の歯磨きをレベルアップすることが大切です。

④歯を失うほど寝たきりになりやすい!

日本全国約2万人の先生方を100年にわたり追跡調査したのです。

失った歯の本数が「04本」の人を基準値(1)とすると、失った歯が多い人ほど死亡リスクが上がっていきます。最大では、「2024本」失った人はリスクが1.8倍にもなっています。歯を残すためにも欠かせないのは、日頃からの丁寧なセルフケアと、歯医者さんに通うことねあるのは言うまでもありませんね。

⑤予防の仕方を教えてもらえる

歯磨きだって「正しいフォーム」がある!

「歯磨きなんて、教えてもらわなくても大丈夫です」。そう考える方もいらっしゃるかもしれませんね。ですが意外と奥が深いのは歯磨きです。人によって歯並びは千差万別、顎の大きさ、歯の重なり具合も違いますし、手先の器用さ、磨くときの癖、力の入れ具合も異なります。野球やゴルフのスイングのように、歯磨きにも「正しいフォーム」があります。それも、その人その人に合った適切なフォームが。歯医者さんでお口を診てもらって、歯科衛生士さんからあなたに合った磨き方の指導を受けましょう。

糖尿病から始まり、認知症、感染症、寝たきりになるリスクとの関連から、お口の健康が体の健康の入口であることをご紹介させていただきました。お口の健康は、自分の力だけでは維持しにくいものです。歯医者さんというプロフェッショナルの力を借りて、「健康で長生き」を実現させましょう!