CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

神経をとってもらったら痛みがなくなりました。もう大丈夫ですか?


  • おとな向け

「歯の神経を抜く」という表現を聞いたことはありますか?具体的にどんな処置をするのでしょうか?

福岡県筑豊地区飯塚市にあるハート歯科クリニックいまい『予防歯科・審美歯科・小児歯科・矯正歯科(マイオブレースシステム矯正,インビザラインシステム矯正)・インプラント・ホワイトニング』の歯科医師の仲宗根美由紀です。

 

よく、歯の治療で”神経をとる”と言った表現を聞くと思います。
神経って一体なんなんだろう?」 と思ったことはありませんか?
歯の外側は硬い組織ですが、その中には歯髄と言われる軟組織が入っているんです。

この中には血管や神経などがあり、

この組織は、歯の感覚や栄養を司っているんです。

神経」と呼んでいるのはこの軟組織の事を言います。

✔大きな虫歯になると、、、

「神経」にも細菌感染が起こり、強い痛みが起こることがあるんです。

また、そのまま放置してしまうと、「神経」が壊死したり、歯の根っこの先に炎症を起こしたりすることもあります。

 

神経をとる

細菌感染が進んで行くと、壊死した「神経」はもとに戻らなくなってしまいます。

この組織を除去して行う治療を「神経をとる」と表現しています。

 

神経を取った後の治療

歯科医院で「では、神経を取りましょう」と言われると、

ちょっと悲しい気持ちがしてしまいますよね、、。

 

神経を取った歯は、健康な歯と全く同じ状態とは言えません。

けれども、

歯の神経を取った後も、

できるだけ長く今までと同じように噛めるようにするために、

最後まできちんと治療を受けられて下さい。

最後まで治療を終了させずに放置すると、

歯の周りの組織に細菌感染、炎症が広がって行く可能性があります。

 

歯の中には「歯髄腔」という空間があります。

この中には健康な状態では歯髄(=いわゆる神経)と呼ばれる軟組織があります。

細菌に感染したり壊死をしたりした歯髄は

まず、機械的に取り除いていきます。

様々な器具を用いて、歯髄腔の中の歯髄を除去し、空洞にします。

この時、軟組織を根の先から押し出さないように慎重に行っていきます。

また、最終的に歯髄腔を閉鎖する必要がありますので、その際の治療が行い易い形態に整えておきます。

細菌を取り除くためには、

機械的にきれいにするだけでは足りないです。

 

何度か来院をしていただき、

消毒作用のある薬品を用いて洗浄をし、

歯髄腔に数日間塗布して経過を見たりします。

消毒が十分に行われ、症状がなくなった時点で、歯髄腔を閉鎖する処置に移ります。

(このお話は、また別の機会でお話していきます。)

いかがでしたか?

皆さんが、神経の治療について

少しでもお分かりいただけたら嬉しいです。

 

神経の治療は、一度で終わるものではないので、

なかなか根気のいるものですが、

私達歯科医師と一緒に頑張って治していきましょうね。