CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

口腔内細菌について


口腔内細菌についてお話ししていきます。
当院では自分のお口の中にいる菌を実際に
顕微鏡で見ることができます。
みなさんも自分のお口の中の状態を当院で見てみませんか?

  1. こんにちは!福岡県飯塚市鯰田にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・口腔外科・インプラント・マイオブレス小児矯正・ホワイトニング・インビザライン矯正)の歯科医師、吉田萌音です。

 

今当院でも力を入れている口腔内細菌についてお話ししていきます。口腔内細菌とは、人間の口腔内に存在する微生物の総称で、健康と疾病において重要な役割を果たします。口腔内には約700種類の細菌が存在するとされ、これらは唾液、歯垢、舌、歯茎などに生息しています。

–口腔内細菌の種類———————————

口腔内細菌は大きく分けて善玉菌悪玉菌に分類されます。善玉菌は口腔の健康を保つのに役立ち、悪玉菌は歯周病虫歯の原因となります。

1. 善玉菌:ストレプトコッカス・サリバリウスなどの善玉菌は、病原菌の増殖を抑え、口腔内の健康を保つ働きをします。
2. 悪玉菌ストレプトコッカス・ミュータンスポルフィロモナス・ジンジバリスなどの悪玉菌は、酸を生成して歯を溶かしたり、歯茎に炎症を引き起こしたりします。

–口腔内細菌と虫歯———————————-

虫歯(う蝕)は、ストレプトコッカス・ミュータンスを主とする細菌によって引き起こされます。この細菌は糖分を摂取し、酸を生成します。この酸が歯のエナメル質を溶かし、虫歯が進行します。初期段階では痛みを感じにくいため、定期的な検診と早期発見が重要です。

 

–口腔内細菌と歯周病——————————-

歯周病は、歯肉炎と歯周炎に分類されます。歯肉炎は歯茎の炎症で、早期に治療すれば完治可能ですが、放置すると歯周炎に進行し、歯を支える骨が破壊されます。歯周病の主な原因菌は、ポルフィロモナス・ジンジバリスやトレポネーマ・デンティコーラなどです。これらの細菌が毒素を放出し、歯茎に炎症を引き起こします。

–口腔内細菌と全身の健康————————–

口腔内細菌のバランスが崩れると、全身の健康にも影響を及ぼすことがあります。例えば、歯周病菌が血流に乗って全身を巡り、心臓病や糖尿病のリスクを高めることが知られています。また、最近の研究では、口腔内細菌がアルツハイマー病や肺炎などの発症にも関与している可能性が示唆されています。

 

— 口腔内細菌の管理と予防————————-

口腔内細菌のバランスを保つためには、以下のような対策が有効です。

1. 定期的な歯磨き:フッ素入りの歯磨き粉を使用し、食後に歯を磨くことで歯垢を除去し、細菌の繁殖を防ぎます。
2. デンタルフロスや歯間ブラシの使用:歯と歯の間に残った食べ物のカスや歯垢を取り除き、虫歯や歯周病の予防に役立ちます。
3. 定期的な歯科検診:歯科医による専門的なクリーニングと検診を受けることで、早期に問題を発見し、適切な治療を受けることができます。
4. バランスの取れた食事:糖分の摂取を控え、栄養バランスの取れた食事を心がけることが、口腔内細菌のバランスを保つのに役立ちます。
5. 口腔洗浄剤の使用:抗菌作用のある口腔洗浄剤を使用することで、口腔内の細菌を減少させることができます。

口腔内細菌は、口腔の健康だけでなく全身の健康にも大きな影響を与える重要な存在です。適切な口腔ケアと定期的な歯科検診を通じて、口腔内細菌のバランスを保つことが、虫歯や歯周病の予防につながります。日常的なケアと予防策を実践することで、健康な口腔環境を維持し、全身の健康を守ることができます。皆様もぜひ定期検診を受けにこられてくださいね♪