CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

妊娠中のお口のトラブル


みなさんは妊娠するとお口の中のトラブルも増えることはご存知ですか?妊娠すると増えてくるお口の中の様々なトラブルについてご紹介していきます。

こんにちは!福岡県飯塚市鯰田にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・口腔外科・インプラント・マイオブレス小児矯正・ホワイトニング・インビザライン矯正)の歯科医師、今井光です。

 

今回は「妊娠中のお口のトラブル」についてお話をしていきます。

妊娠中は、ホルモンバランスの乱れによって、さまざまな変化が起こります。

これらはずっと続く訳ではなく、妊娠時期によって違ったり、妊娠が終わると解決することもあります。

 

妊娠性の歯肉炎

 

 

妊娠中に発生する口内トラブルとしては、妊娠性歯肉炎というとのがあります。

妊娠している方は、つわりにより歯ブラシなどのお掃除が難しくなったり間食の増加、唾液量の減少など、細菌が増えやすい条件が揃いやすいです。
これらの原因により、プラークが増加し歯茎の腫れや出血、痛みが生じます。

エプーリス

妊娠中に発生する口内トラブルには、妊娠性エプーリスというものがあります。

こちらは、妊娠中口内の粘膜に部分的に生じる良性のしこりで、決して頻繁に発生するものではありません。
割合としては、妊婦の1~5%に見られます。

主に上顎前歯に現れることが多いです。

ちなみに、妊娠性エプーリスは、出産後に消失することが多いため、妊娠中は基本的に外科処置を行いません。

口臭

口臭の原因はいろいろあるのですが、お口の中の細菌が出すガスが口臭の主な原因のひとつと考えられています。ガスを出す細菌が増えれば、必然的に口臭がきつくなります。

妊娠中はつわりなどで歯磨きが難しくなりだけではなく女性ホルモンの働きにより細菌が増えやすくなります。また、唾液にはお口の中の汚れを洗い流したり殺菌する効果もありますが唾液分泌の減少により口臭がきつくなる事が多いです。

歯ブラシが難しい方はマウスウォッシュでうがいして頂いたり体調のいい時にしっかりと歯を磨きやお口の中の乾燥を防ぐためにも水分をこまめに摂ったり、キシリトールガムを噛んで唾液の分泌を促すなどの対策がおすすめです。

歯科医院での処置や検診と合わせて無理なく実施していきましょう

 

 

その他にも、

 

妊娠中は、食生活や口腔ケアの問題からむし歯や歯肉炎にかかりやすい状態です。

妊娠期間中は、いつも以上に気を付けることが大切です。

 

ついつい食事や間食の回数が増えてしまいやすいので、

食後の歯みがきやうがいをこまめに行うように心がけましょう。

 

「つわり」時期には、できるだけ体調が良いときを目安に歯みがきを行い、

ケアできない時はぶくぶくうがいをしてみましょう。

 

食嗜好も変わりやすいので、糖分の多い飲食物や酸性食品をだらだら食べることはなるべく控えましょう