CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

歯が抜けた後ってそのままにしてていいの?


歯を抜いた後「治療は通うのが大変だからこのままにしとこう」とすると、色々な悪影響が出てきます。

こんにちは!!福岡県の飯塚市鯰田にハート歯科クリニックいまい(予防歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科、インプラント、ホワイトニング、インビザライン矯正歯科、マイオブレス小児矯正)の歯科医師、仲宗根美由紀です。

 

 

皆さんは、歯周病や虫歯などが原因で

大人の歯を抜いたことはありますか?

 

もし抜いた経験がある方は、

抜歯が決まった時に

これからどうなるの?

このままにしてて大丈夫なのかな?

と不安な気持ちになったと思います。

 

 

当院では、抜歯の前にカウンセリングを行い

抜歯後について治療計画を一緒に考えて治療を進めていきます。

 

 

ほとんどの患者様は、インプラントやブリッジ、入れ歯を選択されます。

中には、そのままを選択される患者様もいらっしゃいます。

 

 

では、そのままにしているとどうなるのでしょうか?

実は、それぞれの方法にメリットデメリットがあるのです。

 

 

今回は、【そのままにしていると】のお話を行います。

 

 

そのままにしているデメリットは、

かみ合わせや歯並びが悪くなる
健康な他の歯も崩壊していく

ということが起きます。

 

「健康的な歯がなんで崩壊するの?」と思いますよね。

 

例えば、右上の歯を抜いたとします。

すると両隣の歯が倒れ

右下の噛み合っていた相方の歯がどんどん上に伸びてきます。

 

さらに!右側が噛みにくくなり、

左側ばかりで噛むようになれば、当然左側が悪くなりますよね。

 

このように、どんどん色んな歯に悪影響出てくるんです。

怖いですよね…。

 

ただ、こちらからそのままにする事をご提案する事もあります。

それは一番奥の歯(前から7番目)や親知らずです。

 

親知らずについては、HPに纏めているのでそちらをご覧ください。

 

 

一番奥の歯を何故そのままにするのかというと、

他の歯への悪影響が少ないからです。

 

 

一番奥だと噛み合っている歯がその手前の歯と噛み合っていたり、

噛みにくい、物が詰まりやすいなどのトラブルも少ないです。

 

ただし、他の歯の状態などもありますので、

そのままにしていて絶対に大丈夫という訳ではありません

 

自己判断するのではなく、

かかりつけの歯医者でご相談されてみてくださいね。

 

他にはインプラントやブリッジ、入れ歯という方法もありますね。

こちらもHPに詳しいお話を記載していますので、ご覧ください。

 

 

いかがでしたか?

歯が無くなると口元以外にも色々な影響が出てきます。

例えば噛めなくなる事で、

胃の調子が悪くなってしまったり、

顔のハリ具合が変わってしまったり、、、。

皆さんにとって、より良い状態を保てるようにしっかりと考えられてくださいね!