CASE RECORDS

歯の豆知識

Instagram

子どもの虫歯の感染源は!?


大切なお子様の虫歯の感染源はどこ?
ご家族みんなでケアを🎵

こんにちは!

福岡県飯塚市鯰田にあるハート歯科クリニックいまい(予防歯科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科・口腔外科・インプラント・マイオブレス小児矯正・ホワイトニング・インビザライン矯正)の歯科医師の福間裕仁です。

こんな話を耳にしたことはありませんか?
「子どもの虫歯は周りにいる保護者(大人)の方から伝染している。」

そもそも、虫歯は感染症であるということをご存知でしたか🧐
よく、虫歯は遺伝するといった話を耳にしますが、実際そんなことはありません!
生まれたばかりで歯の生えていない赤ちゃんに虫歯菌は存在しません。
では、どうやって虫歯になるのか?どこから虫歯が始まるのか?
それは、子どもの周りにいる保護者の方々から虫歯がうつってしまうことが始まりです。

虫歯のない子どもに虫歯菌をうつしてしまう原因
〼可愛い赤ちゃんのお口にキスしてしまうなどの過度なスキンシップ
〼食事の時にスプーンやコップ等の食器を共有する
〼硬い食べ物や熱い食べ物などを柔らかくしたり冷ましたり、赤ちゃんが食べやすいようにと、
 保護者が一度口に含んだものを与える

何気ない日常の行為と思われがちですが、これらの行為が原因とされています⚠
こういった行為を頻繁に行えば行う程、子どもが虫歯に感染するリスクが高まりますが、
どんなに注意してもいつの間にか誰かに感染してしまうものです😞

では、どうしたら良いのでしょうか?
それは周りの保護者の方々がまず、虫歯を防ぐことが大切!🦷🪥
虫歯は誰でもいつかはかかって当然、と思いますよね?
ですが今は、『予防』の意識が高まっており、虫歯は防ごうと思えば防ぐことができる時代になって来ています

虫歯を予防するにはどうしたらいい!?

虫歯は、4つの条件が満たされたときになると言われています。

「環境」「虫歯菌」「糖分」「時間」

「環境」とは歯とだ液のこと
「虫歯菌」は歯の表面にすみつく菌のこと
「糖分」は食べ物に含まれる糖分のこと
「時間」は一定以上の時間のこと

つまり、環境(歯・だ液)に虫歯菌がすみつき、
ご飯などを食べた時に含まれる糖分と混ざり、
お口の中で虫歯の原因となる酸が発生し、そのまま一定時間を経過すると
それが虫歯になるということです。
そのため、虫歯を予防するには、
この4つの条件をひとつでも減らすことが大切だと言われています。

そして、「だ液の働きが虫歯予防に役立つ」ということも知っていてほしいポイントです。
だ液はカルシウムとリン酸の飽和液なので、歯をだ液にひたしていると歯は強くなっていきます🦷↑
また、だ液には酸性を中和する働きもあるので、虫歯の原因である酸の働きを中和します。
このだ液の働きを促すためにも毎日の歯磨きが大切になります✍
歯の表面に食べカスなどの汚れがついていると、歯の表面から栄養成分を取り入れることができず、
だ液の分泌が減少してしまいます。

大切なお子様の歯の健康を維持するためにも、まずは保護者の方から☺
そして何より毎日の歯磨きがやはり重要🪥✨

ご家族みなさんで大切な人の健康を守れるよう、日頃から口腔ケアを心がけましょう‼