MRC症例

CASE

MRC症例

Instagram

MRC症例


こどもの正しい発育をうながすマウスピース矯正


~マイオブレース小児矯正治療~

歯科

CASE1

MRC症例
治療開始前の口元の写真

患者

9歳女児

主訴

前歯(まえば)が出ていてうまく口唇が閉じることができない


MRC症例
MRC症例
MRC症例
MRC症例
MRC症例
MRC症例
年齢・性別 9歳・女児
主訴 前歯が出ていてうまく唇を閉じることができない。
治療方法 <マイオブレース矯正1年2か月>
  • 専用マウスピースの装着(日中1~2時間と就寝時)
  • 筋機能療法(正しい呼吸、舌の位置、飲み込み方のトレーニング)
費用 45万円(税別)
メリット ①取り外せる
  • 学校でつけなくて良いので目立たず矯正治療ができる。
  • 歯みがきがしやすい。

②正しい鼻呼吸の獲得
  • 口呼吸と比べて、風邪などの感染症にかかりにくい。
  • 睡眠の質の向上、集中力の向上
    (口呼吸よりも体内への酸素供給がUPします。)

③歯並び、顔立ちが良くなる

④後戻りしない
ただ歯を綺麗に並べるだけでなく、原因であった筋肉の使い方を改善するので、後戻りしません。

⑤姿勢の改善
呼吸トレーニングのひとつとして、正しい姿勢の練習を行います。
主なデメリット・副作用 ①お子様本人の頑張り次第
しっかりとお家でマイオブレースの装着とトレーニングを行えなければ、効果は出ません。

②適応年齢が限られる
顎の成長のピークは9歳頃です。
マイオブレース矯正では6~8歳の間に治療を始める事をお勧めします。
小学校に上がりたての1年生から開始するのが最も理想的です。