logo

診療時間※ 受付は終了時刻の30分前まで

 
午前 09:00~12:30
午後 14:00~18:30
午前 09:00~13:00
午後 14:30~17:00
休診日 祝日

矯正治療2つの方法

あなたはどちらを選びますか?

「お子様の口元」をきれいにし幸福にしてあげたいお母さま

口元を気にせず、豊かで楽しい生活を楽しみたいあなたへ

矯正歯科治療法は大きく分けると
歯を並べるためのスペース確保のために

① 歯(永久歯)を抜歯する方法

② 歯(永久歯)を抜かない方法

があります。

歯の矯正には永久歯の抜歯が当然。だって歯が入るスペースがないんだから抜いてできたスキマにいれこむしかないでしょう?しかたがないよね・・・という考えが一般的ですよね。

実際当医院でも以前には①の方法での矯正治療を行っていました。
しかしあることをきっかけに 今では②の ≪永久歯を抜かずに
特殊な先進素材ワイヤーで治す矯正法≫
 にシフトしたのです。

そのきっかけとは、顎関節の不具合や頭痛、肩こりなど内科的に不定愁訴といわれる症状に悩まれて最後の砦”歯科医院“に来院される患者様の口腔内にある共通点に確信をもったことでした。

【上下4本 小臼歯がない…】

これは 10年前、それ以上前に歯並びを治療した時の抜歯が顎関節症の引き金になったといえるでしょう。

患者様をみてみると もともと小さかったあごが抜歯によりさらに狭くなり、あごの位置は奥へと下げられています。顎関節への負担は計り知れません。

そして 顎関節のうごきも不自然なまま使い続けた結果として 痛みや開口障害などが引き起こされたのです。

そうして私は あごとかみあわせのバランスを整える矯正治療でなければならない と強く感じたのです。

これが 顎関節の動きを精密に測定(キャディアックスという測定機器を使用)して始める 抜かない矯正に変えた理由です。



この理論と技術を学ぶために休日の多くを東京~大阪~岡山と第一人者である先生のもとへ通いました。日々の診療に加え大変な労力を使って 一般に普通に行われている矯正法からスイッチしたことで得られたのは、見た目のきれいさだけでなく、しっかりとしたかみ合わせです。

そしてひとのあごに、そしてカラダ全体の機能にとってプラスになり 
健康的に美しく元気になられた患者様たちの笑顔でした。

いかがでしょうか?あなたはどちらを選びたいと思いますか?
歯は飾りではなく、使うものです。

からだの一部としてしっかりと機能できるように再構築する=これが本来の矯正治療なのです。

≪抜かない矯正とは?≫

はならびの悩みは出っ歯、がたがた歯並び、受け口、開咬など・・
いろいろありますね。
ハート歯科クリニックいまいの矯正歯科治療は、
なるべく抜かない矯正です。
当院では、まず セファロレントゲンという頭部のレントゲンを撮り 診断をいたします。
セファロレントゲンからはほんとうにたくさんのメッセージが読み取れます。
なぜ、出っ歯なのか、受け口なのか、がたがた歯並びなのか・・・?
そしてその理由は、じつは 奥歯の傾きにあるのです!
ですから、奥歯を正しく起こしてあげて
そうしてうまれたスペースに歯をならべてあげる。 
だから歯を抜くことなく並べながら、しっかり上下の歯列を噛ませていくのです。

当院で実際に矯正治療を受けた患者様の症例はこちらをクリック

ハート歯科クリニックいまいの矯正歯科治療5つのこだわり

1.なるべく歯を抜かない矯正 (犬歯の横の歯を抜かない)

2.歯に優しい最新の「新素材ゴムメタル」ワイヤーを使用

3.顎の関節を守る治療法《MEAWテクニック》

4.前歯には目立たないセラミックを使用

5 矯正期間中も虫歯や歯周病予防処置に力をいれています。《フッ素塗布・歯石除去・クリーニングも随時行っています》

抜かない矯正歯科治療法のメリット

1. 歯の本数を減らすことなく並べるのでかむ力も増え、お口のボリュームもひろがります。将来的な肩こり・頭痛を防ぎます。

2. あごの関節に負担をかけません。《顎関節症予防》

3. 顔立ちがよくなります。

当院で実際に矯正治療を受けた患者様の症例はこちらをクリック

患者Mさんは、15歳女子中学生で
「八重歯になってしまい、どうしよう?」
と母親と一緒に来院されました。

Mさんと母親は、「矯正歯科」を漠然と知っていたのですが、
「どうしていいのか?」 
「本当に治るのか?」

心配そうで、不安なご様子でした。

確かに、歯の専門家でもない人にとって
「矯正歯科」という言葉は知っているけど、

一体どうやって治療するのか?
期間は? 
費用は?

と色んな不安があるようです。
今回のMさんと母親も同様の状態でした。

お口の中を拝見すると、上の犬歯が外に飛び出している、
いわゆる「八重歯」の状態でした。

笑えば、両方とも犬歯が出ているのがわかります。
本人もそれを気にしている様でしたし、食事中に唇を切ったりと、
生活にも支障をきたしていました。

15歳で「八重歯」になっていると、もう矯正治療をしないと、
きれいな歯並びにはなりません。

Mさんと母親に矯正治療の必要性を説明し、
一つずつ丁寧にお口の現在の状態、将来について、
治療方法、治療期間などについて説明しました。

そして、治療はスタートしました。

彼女の努力もあり無事に高校生の間に治療は終了し、きれいな歯並び、
きれいな笑顔を手に入れました。

その後、大学へ進学されていきました。
遠方への進学のため当院への音信はとぎれていました。

それから数年後、研修会の帰り、近くの駅で、
私の顔をチラチラ伺う女性とすれ違いました。

研修会の帰りでしたので回りは薄暗くなっていました。
私自身は存じ上げなかったので、そのまま素通りしてしまいました。
数歩進んだところで、女性が声をかけてきました。

女性「もしかして、ハート歯科の先生じゃないですか?」
私 「はぁ そうですけど・・・」
女性「私 ●●ですけど・・」

そうです、彼女、は当院で矯正治療を受けていた、
あのMさんだったのです。

矯正治療期間中、あんなに顔なじみだったのに、
もう立派なキャリアウーマンに大変身!!
私も気づきませんでした。

聞けば遠方の大学へ進学後、卒業し、
福岡で見事立派に就職したそうでした。
何だか自信がありそうで、笑顔が素敵でした。

私は、矯正期間中Mさんが、装置が嫌で不満だったこと、
少し治療が中断し来院期間が長くなってしまったことを、
振り返り懐かしく思いました。

けど、あの時、わたしも矯正治療を彼女にして本当に良かった
「本当に笑顔のきれいな、自信のある女性に成長できたのだから・・・」
そう思えた瞬間でした。

矯正治療とは、歯並びを良くするだけではない!!
当院に矯正の相談に来院される患者様には
1.八重歯がきになる
2.歯が出ている気になる
3.受け口が気になる
4.口を閉じているのに、歯が出ている
5.前歯で噛みきれない

など様々な理由があります。

ですが、矯正治療は単に「歯並び」だけを治すのではありません。
「歯並び」が悪ければ、当然歯磨きがうまくできないし、
その他色んな症状が出てきます。
・虫歯や歯周病になりやすい
・口臭が気になる
・消化が悪く、発音が悪い
・顎の関節が痛む、肩こり、頭痛が起こりやすい

そんな症状も一緒に治療し改善していくのです。

治療後は、
1.歯が磨きやすくなる

2.歯周病、虫歯になりにくい

3.消化、発音が良くなる

4.口臭がなくなる

5.顎の痛み、その他頭痛などの不快症状が軽くなる

最後に、きれいな歯並びで自然に自信のある笑顔になると思うのです。

そんな素敵な笑顔で、
人生を「いきいき」と生きていけたらなんてすばらしいでしょう!!

当院で実際に矯正治療を受けた患者様の症例はこちらをクリック

矯正の流れ

1. 矯正相談(無料)

現在お悩みになっていることについてじっくりとご相談ください。
担当歯科医師または、専任カウンセラーがお聞き致します。

2. 精密検査(有料) ¥20.000

矯正治療は精密な事前検査が必要となります。
お口の写真を撮影、歯型の採取、矯正用レントゲン撮影を行います。

3.診断

精密検査の結果をお話し致します。治療方法(装置等)、期間、
費用等詳しくお話し致します、ここの段階で患者様が治療するか、
どうかを判断していただくことになります。

4.矯正治療スタート 調整料 ¥3.000/月

虫歯、歯周病のある方は矯正治療前に治療が必要となります。
また、矯正治療中はブラッシングが非常にしにくい状態になりますので、
しっかりと練習をしましょう!!

その後、矯正装置はお口の中に装着されスタートです。
基本的には、3週間から4週間に1回のペースで
来院いただくことになります。

症例

くわしくは、なるべく抜かない矯正歯科ページへ

歯に優しい、新素材ゴムメタルワイヤーを
使用しています

矯正治療Q&A

治療期間・費用はどれくらいかかりますか?

治療期間はケースによって変わりますが約2年前後とお考えください。
治療費用は、保険適用外の治療ですので一般的には40~100万円が一般的相場だと思います。
当院では全顎治療500,000円、ひと月に調整料3,000円かかります。

例えば、八重歯の全顎治療でしたら
基本治療費500,000円。
1か月3000円の調整料が必要ですので、治療期間2年かかったとして3,000×24か月=72,000円
治療後保定装置費用 30,000円
500,000+72,000+30,000=602,000円(トータル)
かかることになります。

例えば、前期治療でしたら、期間は1年間として
基本治療費200,000円。
1か月3000円の調整料が必要ですので、治療期間1年かかったとして3,000×12か月=36,000円
治療後保定装置費用 30,000円
200,000+36,000+30,000=266,000円(トータル)
かかることになります。
※上記金額は税抜き価格です。
お支払については、分割、クレジットもありますのでご相談ください。

矯正はいつから始めたほうがいいの?

矯正のスタート時期はケースによって異なります。
できるだけ短期間で終了できる時期を選んで
スタートするのがベストでしょう。

そのためにも、気になったその時に相談だけはしておいてください。

早期に治療を開始でき、
期間も費用もできるだけかからなくすることができる場合もあります。
例えば、幼児の受け口治療などは3~4歳からスタートになります。

矯正が終了するともう歯並びは悪くならない?

残念ながら矯正装置を外して終了というわけではありません。
歯は、歯並びを良くしたあとでも
元に戻ろうという性質(後戻り)があります。

お口の装置を外した後も、目立たない装置または夜だけ装着の
マウスピース(保定装置)を装着してご就寝ください。
この後戻りを抑える効果があります。

後戻りを最小限に抑えるのが、
長期の安定した噛み合わせの成功へとつながります。

歯は必ず抜かないといけませんか?

当院では、なるべく歯(犬歯の横の歯)を抜かない、
顎関節に優しいMEAWテクニックを用いております。

また、歯に優しい「新素材ゴムメタル」ワイヤーを
いち早く取り入れ治療を行っております。
ゴムメタルワイヤーを使用することで短期間の治療が望めます。

当院で実際に矯正治療を受けた患者様の症例はこちらをクリック

back

action mail tel

ホーム院長紹介副院長紹介スタッフ紹介診療科目地図・交通案内料金表無料メール相談、歯科衛生士求人歯科助手求人歯科医師求人